無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 6月20日(木)ネット上のエンディングノートのようなものはできないかと考える | Main | 6月24日(月)富士山の登録を契機に世界遺産への関心が再び高まっている »

June 23, 2013

6月20・21日(金土)箱根のあじさい電車と法華仏教研究会の公開講演会での講演

金曜日は、午前中は家で仕事。中日文化センターでやった宗派から見た日本仏教の講座、テープ起こしをしたものに手を入れていく。第1回目の分は、すでに一度見ているが、字数が多いのを削るのと、見出しを入れていく作業がある。これは8割がた終わる。


Dsc00874


子どもがほかのクラスの研究授業で早く帰ってくるというので、帰ってきてから箱根へ向かう。一度、「あじさい電車」なるものに乗ってみたかった。町田でロマンスカーに乗り換えて、箱根湯本で箱根登山鉄道、ようするにあじさい電車に乗る。何分あじさいなので、桜のようにはいかないが、ちょうど雨も降っていて、風情はある。強羅まで。

強羅からケーブルに乗って、紀州鉄道の箱根強羅ヴィラへ。今日の宿。じゃらんで見たら、とても安かった。かなり古く建物がなっているが、温泉はいい。からだがぽかぽか。夕食もかえって豪華でないのがよいかもしれない。

土曜日は、天気も回復。妻と子供たちは箱根で遊んでいくことになり、私だけ東京へ朝戻る。

午後から、立正大学で法華文化研究所の公開講演会。講師をつとめる。ほかに、花野充道氏と、小松邦彰先生。私が前座。変わるものと変わらないもの。いったい何が人を変えるのか。左前左後という日蓮像のとらえ方に疑問を呈し、身延期の日蓮にこそ、今見るべきものがあるのではという趣旨になる。

花野氏は、方法論について熱く語り、小松先生は摂折論について資料にもとづいた綿密な分析。久しぶりに小松節を聞けた。あとは大学の学食で、といってもちゃんとした個室で、懇親会。

« 6月20日(木)ネット上のエンディングノートのようなものはできないかと考える | Main | 6月24日(月)富士山の登録を契機に世界遺産への関心が再び高まっている »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/57648429

Listed below are links to weblogs that reference 6月20・21日(金土)箱根のあじさい電車と法華仏教研究会の公開講演会での講演:

« 6月20日(木)ネット上のエンディングノートのようなものはできないかと考える | Main | 6月24日(月)富士山の登録を契機に世界遺産への関心が再び高まっている »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31