無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 5月31・6月1日(金土)喜多院五百羅漢像と川越観光それにMIMIプロ創立記念日 | Main | 6月4日(火)海老蔵五郎の「対面」は孝太郎の活躍で大いに楽しめた »

June 04, 2013

6月3日(月)葬送の新しい入会案内もできてテニスの比較文化論

午前中は家で仕事。『アサヒ芸能』の連載、今回はローマ法王の悪魔祓いについて書く。その背景など、かなり深いものがある。それから、仏像の本、近代における仏像の在り方について書いた章を最後まで書き進める。これは、見直しすればオーケー。となると、この本はあと1章になる。

Dsc00724


午後は葬送の事務所へ。機関誌を発送するために、郵便番号順に並べ、それを縛る作業を手伝う。2時間くらいでやった。事務所が広くなったので、こういう作業には向いている。そのほか、いろいろ。新しい入会案内書もできたし、当然『再生』の新しい号もできた。

家に戻り、夜は、全仏での錦織圭の試合を見る。相手は、クレーコートの達人ナダル。最初はよかったが、途中からナダルが調子を上げてくると、太刀打ちできない。ヨーロッパの選手はクレーコートで育っているので、こうしたコートは得意で、アメリカで選手として育ってきた錦織には不得意らしい。ヨーロッパの文化は洗練されたものがあるが、一方で、荒々しい自然が背景にある。ゴルフなども全英のように、自然のなかでコースを回らなければならない。日本ではそんなコースはない。こうした点、文化論として考えるとかなり興味深いのかもしれない。

« 5月31・6月1日(金土)喜多院五百羅漢像と川越観光それにMIMIプロ創立記念日 | Main | 6月4日(火)海老蔵五郎の「対面」は孝太郎の活躍で大いに楽しめた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/57521741

Listed below are links to weblogs that reference 6月3日(月)葬送の新しい入会案内もできてテニスの比較文化論:

« 5月31・6月1日(金土)喜多院五百羅漢像と川越観光それにMIMIプロ創立記念日 | Main | 6月4日(火)海老蔵五郎の「対面」は孝太郎の活躍で大いに楽しめた »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31