無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 6月3日(月)葬送の新しい入会案内もできてテニスの比較文化論 | Main | 6月5日(水)葬送の新しい会員管理システムが動き出す »

June 05, 2013

6月4日(火)海老蔵五郎の「対面」は孝太郎の活躍で大いに楽しめた

午前中は家で仕事。仏像の本、第8章を仕上げて、第9章にかかる。この章が終われば、一応終わりの予定。時間さえあれば、書ける。


Dsc00728

午後は、歌舞伎座へ。5月の公演は、見たいと思うものがなかったのでパスしたが、6月は海老蔵も出るので、出かけることにした。相変わらず混雑している。今日は、1階の4列目ほぼ正面。よく見える。

まずは「対面」。1月の浅草公会堂で海老蔵が工藤をつとめた「対面」を見た後、蕎麦屋で渡辺保先生にあって、役者の揃っていない「対面」ほど面白くないものはないという感想を聞いたのを思い出した。今回は反対。まずよかったのが、孝太郎の舞鶴。役者として大きくなっている。これで全体がしまった。並び大名も気が入っていて、緊張感のある舞台になっている。仁左衛門はやはり貫禄がある。鷹揚さでは、團十郎の方が勝るかもしれない。

十郎は菊之助で、五郎の海老蔵とともに登場。姿かたちが決まっている。海老蔵、独特のユーモアの感覚で観客を笑わせ、工藤に迫るところは迫力十分。とにかく楽しい「対面」で、これだけでも満足。続いて、菊五郎の「土蜘」だが、頼光の吉右衛門が風邪でも引いたのか、元気がない上に声がでない。大丈夫だろうか。ほかは、役者もそろって、番卒なども、翫雀、松緑、勘九郎。山神は、松緑の子の大河。菊五郎も頑張ってはいるが、体の切れがもう一つ。

Dsc00737

終わってから、新しくできた屋上庭園に行ってみる。屋根が間近に見えるのが面白い。夜は、編集者と飲み会。

« 6月3日(月)葬送の新しい入会案内もできてテニスの比較文化論 | Main | 6月5日(水)葬送の新しい会員管理システムが動き出す »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/57528131

Listed below are links to weblogs that reference 6月4日(火)海老蔵五郎の「対面」は孝太郎の活躍で大いに楽しめた:

« 6月3日(月)葬送の新しい入会案内もできてテニスの比較文化論 | Main | 6月5日(水)葬送の新しい会員管理システムが動き出す »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31