無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 9月10日(火)頭の中は行幸と最澄のことでいっぱいだが原稿を21枚書いてカルチャーで講義し伊勢丹メンズ館10周年に行く | Main | 9月12日(木)JFM「デイリーフライヤー」の収録やら会員管理システムの売込みやら »

September 12, 2013

9月11日(水)金曜日の桜月流「月のけはい」は島田裕巳ワンマンショーの気配だとわかるなか「陰陽師」を楽しむは

午前中は家で仕事。葬式の本の原稿、第2章を書き終えて、第3章の概要を考え、文章も数枚分だか書いていく。今日書いた分は、15枚くらいだろうか。

昼食後、東雲へ。新宿からりんかい線乗り入れの埼京線。意外と簡単。東雲駅は初めて下りたが、倉庫街。その一角にスタジオがあった。金曜日に出演する桜月流美剱道の『月のけはい』の通し稽古、というか場当たり。私がどういったことをするか確認していったが、90分の時間のうち、半分以上が私の話ということになっている。これでは、「島田裕巳ショー」だ。意外に役割が大きいのに驚く。

Dsc01483

終わってから、松木君に歌舞伎座まで送ってもらう。ようやくチケットがとれた「陰陽師」を見るため。4時前に入ったので、檜でお茶。はじまってみると、思っていた以上に面白かった。前半は松緑、後半は染五郎が善玉の主役で、悪玉は海老蔵と愛之助。善玉の方がなかなかよいので、悪玉も光る。海老蔵は首だけになって叫ぶところと、最後、愛之助を道連れに冥土へ向かうところは、さすが。菊之助も悪くはないが、いつものように同じ調子なので、それが単調に感じられる。問題は、亀蔵の衣装。これがおかしい。しかし、新作歌舞伎でこれだけ面白かったのは、「研辰の討たれ」以来ではないだろうか。おそらく再演になるだろう。

Dsc01486

舞台がはねてから、銀座魚真へ。入ってみて、乃木坂の店長だった橋本君がいるのに驚く。彼はスーパーバイザーになったらしい。大間の鮪の串焼きがとくに美味。

« 9月10日(火)頭の中は行幸と最澄のことでいっぱいだが原稿を21枚書いてカルチャーで講義し伊勢丹メンズ館10周年に行く | Main | 9月12日(木)JFM「デイリーフライヤー」の収録やら会員管理システムの売込みやら »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/58176793

Listed below are links to weblogs that reference 9月11日(水)金曜日の桜月流「月のけはい」は島田裕巳ワンマンショーの気配だとわかるなか「陰陽師」を楽しむは:

« 9月10日(火)頭の中は行幸と最澄のことでいっぱいだが原稿を21枚書いてカルチャーで講義し伊勢丹メンズ館10周年に行く | Main | 9月12日(木)JFM「デイリーフライヤー」の収録やら会員管理システムの売込みやら »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31