無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 11月29日(金)幻冬舎新書の新刊『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』が刊行されたので幻冬舎の経営する粥麺茶房へ | Main | 12月1・2日(日月)忠臣蔵通しで海老蔵玉三郎コンビを堪能し『なぜ八幡神社が』も重版決定 »

December 01, 2013

11月30日(土)『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』の売れ行きも好調で創価学会の問題についての鼎談に出る

土曜日なので、午前中は何事もないが、出たばかりの『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』が広告が出たせいもあり、文教堂でランクインしている。めでたい。昼食後はヒルズへ。

京都の白馬社が出している『宗教問題』という雑誌のために、鼎談をする。テーマは創価学会について。あとの二人は、都合による写真も掲載できないという人たち。なかなかややこしい。創価学会の現状からはじめて、その将来像まで。とくに興味深かったのは、SGIという存在。これからの時代、創価学会よりもSGIの比重が高まっていくのではないかと予測してみた。

終わってから、うちの家族も一緒に、乃木坂魚真へ。当然混んでいて、2階のテラス席へ。風が吹いて寒い。最後下に下りたら、経堂魚真の一行が寿司カウンターにいて、一緒に少し寿司をつまむ。

Sdim7488


Sdim7492

ミッドタウンが近いので、最後はイルミネーションを見に行く。毎年必ず行っている気がする。今年は驚きに少し欠けるようにも思えた。『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』は、文教堂の新書で25位。紀伊國屋書店の新書デイリーで、30位。ただしこれには、ハーレクインなどが入っているので、教養新書としては10位くらいだろうか。

« 11月29日(金)幻冬舎新書の新刊『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』が刊行されたので幻冬舎の経営する粥麺茶房へ | Main | 12月1・2日(日月)忠臣蔵通しで海老蔵玉三郎コンビを堪能し『なぜ八幡神社が』も重版決定 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/58675852

Listed below are links to weblogs that reference 11月30日(土)『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』の売れ行きも好調で創価学会の問題についての鼎談に出る:

« 11月29日(金)幻冬舎新書の新刊『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』が刊行されたので幻冬舎の経営する粥麺茶房へ | Main | 12月1・2日(日月)忠臣蔵通しで海老蔵玉三郎コンビを堪能し『なぜ八幡神社が』も重版決定 »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31