無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 12月9日(月)国立劇場で見た鷹之資の踊りにびっくり | Main | 12月11日(水)例年参加のTRONショーに行き坂村さんの講演を聞きはじめて乃木神社に行く »

December 11, 2013

12月10日(火)実に久しぶりに『日本沈没』を見るが『なぜ八幡神社が』はすでに3刷2万8000部

Sdim7512

午前中は家で仕事。いろいろしなければならないことがあるが、比叡山の連載を本にするもの、栄西の章に付け足す。これであとは、親鸞、道元、一遍、日蓮を書けばいい。道元以外はすでに書いたことがあるので、角度を変えて書かないといけない。

午後はヒルズへ。打ち合わせが3件と取材が1件。取材は、プア充について。月刊宝島の取材。写真も撮られる。

家に戻ってから、夜は借りてきた『日本沈没』の映画を見る。授業のため。草彅剛版ではなく、オリジナルの1974年のもの。封切り当時にはもちろん見ているが、それ以来か。島田正吾の老人など、なかなか興味深い配役。やはりこの時代は、丹波哲郎が重要。若い主役の藤岡弘は、今でも活躍していて、それはすごいことだ。

新刊の『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』は、発売10日で3刷、2万8000部になる。順調な売り上げで、昨日は、紀伊国屋のパブライン新書で3位とか。週末には2刷が搬入されるので、品切れの店もなくなるだろう。


« 12月9日(月)国立劇場で見た鷹之資の踊りにびっくり | Main | 12月11日(水)例年参加のTRONショーに行き坂村さんの講演を聞きはじめて乃木神社に行く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/58736146

Listed below are links to weblogs that reference 12月10日(火)実に久しぶりに『日本沈没』を見るが『なぜ八幡神社が』はすでに3刷2万8000部:

« 12月9日(月)国立劇場で見た鷹之資の踊りにびっくり | Main | 12月11日(水)例年参加のTRONショーに行き坂村さんの講演を聞きはじめて乃木神社に行く »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30