無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 1月25・26日(土日)島田塾で牧口の尋問調書を読み原一男さんと久しぶりに会いドイツ人の留学生の指導らしきことをする | Main | 1月28日(火)平田信裁判傍聴は3日目でたまたま統一教会勝訴の場面に遭遇する »

January 27, 2014

1月27日(月)平田信の裁判傍聴は2回目で山形明受刑者が証言した

朝から東京地方裁判所へ。平田信の裁判の傍聴は2回目となった。今回は、私の元自宅の事件にはかかわっていないが、オウムの青山の本部への火炎瓶事件に平田と一緒に関与した、現在服役中の山形明受刑者が証人となって出廷した。検事の主尋問からはじまって、弁護側の尋問、それに裁判員を含めた裁判所側の質問。

Sdim0501


結局、私の方の事件と火炎瓶事件は同日に続けて起こったことであり、それが具体的にどう進行したのかが分かってきた。『オウム裁判』の本のなかでも取り上げられてはいるが、詳細はまったく明らかにされてこなかったので、私も今回初めて知ることばかり。井上が、爆破の後、興奮し、かなり喜んでいたというところが強く印象に残った。

それから、教団の科学技術省に対する信頼のなさが、それに関連する物事の重要性を関与した信者に認識させなかったようにも思えてきた。失敗ばかりでたいしたことができない。ところが、サリンだけはできてしまった。

裁判では、平田の事件への関与が問題になるが、彼が3月19日の事件では中心にいなかったように見える。果たしてその点が、判決にどう影響するのか。今後の証人の証言で明らかになってくるのだろう。

終わってから、新宿へ出て、久しぶりにタワーレコードへ。チック・コリアの「トリロジー」を買う。これは、ハイレゾになりそうにない。

家に戻ってから、自然葬にかんして朝日新聞の電話取材を受ける。刊行したばかりの『0葬』の本の話をしたら、興味をもってもらえた。

« 1月25・26日(土日)島田塾で牧口の尋問調書を読み原一男さんと久しぶりに会いドイツ人の留学生の指導らしきことをする | Main | 1月28日(火)平田信裁判傍聴は3日目でたまたま統一教会勝訴の場面に遭遇する »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/59020775

Listed below are links to weblogs that reference 1月27日(月)平田信の裁判傍聴は2回目で山形明受刑者が証言した:

« 1月25・26日(土日)島田塾で牧口の尋問調書を読み原一男さんと久しぶりに会いドイツ人の留学生の指導らしきことをする | Main | 1月28日(火)平田信裁判傍聴は3日目でたまたま統一教会勝訴の場面に遭遇する »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30