無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 1月6日(月)SJSで年頭あいさつし『なぜ八幡神社が』が紀伊国屋書店の新書4位になっているのを確認するも・・・ | Main | 1月8日(水)比叡山の高僧・宗祖たちの本もいよいよ最後の段階に入ってきた »

January 07, 2014

1月7日(火)初芝居は海老蔵の「寿三升景清」

朝は、少し仕事。平常化して7時に起きたので、1時間ほど仕事ができた。日蓮の章を書く。

Sdim0397


それから、新橋演舞場へ。少し遅れたが初芝居。海老蔵の『寿三升景清』。歌舞伎18番のなかの景清ものをつなげた新作。

最初の「関羽」は、短くて、どうとらえていいかわからない。馬に乗った海老蔵の関羽がかっこいいという、ただそれだけともいえる。新蔵の武将がいい。

次は「鎌髭」。これはすでに昨年京都南座でやったもの。その改良版ということだが、鎌髭の趣向がちょっとわからない。髭とかをかるとか、そういうところがあったほうがいいのではないか。まだ改良の余地がある。

昼食の休憩のあと、次が一番の見ものの「景清」、「牢破りの景清」ともいう。阿古屋の部分は、ちょっとよくわからなかったが、キョンシーのようなやっこは何なんだろう。牢破りのところでは、獅童の重忠がよかった。この人で、富樫が見たくなった。最後は、どでかい海老も出て、大スペクタクル。海老蔵がただかっこいい。


Sdim0399


最後は、「解脱」。すべては景清の夢ということらしいが、ここを見ていて、久しぶりに海老蔵の源氏物語を見たくなった。そろそろやってもいいころではないか。

見終わって、歌舞伎を見たというよりも、海老蔵ショーを見たという感じがした。荒事の原点に帰ろうということなのだろうか。とにかくおおらか。難しいことはいっさいなく、スペクタクルで見せる。歌舞伎ではない証拠に、最後カーテンコールがあった。

終わりが早かったので、家に戻って一仕事。日蓮の章が終わった。ブログを見ると、海老蔵はすでに風呂に入っている。

« 1月6日(月)SJSで年頭あいさつし『なぜ八幡神社が』が紀伊国屋書店の新書4位になっているのを確認するも・・・ | Main | 1月8日(水)比叡山の高僧・宗祖たちの本もいよいよ最後の段階に入ってきた »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/58901843

Listed below are links to weblogs that reference 1月7日(火)初芝居は海老蔵の「寿三升景清」:

« 1月6日(月)SJSで年頭あいさつし『なぜ八幡神社が』が紀伊国屋書店の新書4位になっているのを確認するも・・・ | Main | 1月8日(水)比叡山の高僧・宗祖たちの本もいよいよ最後の段階に入ってきた »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31