無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 2月14日(金)バレンタインデーの大雪のなか季織亭でおそらく最後の宴会 | Main | 2月17日(月)平田信の裁判は被告人質問に入る »

February 16, 2014

2月15日(土)「青砥稿花紅彩画」の通しには羽生選手ネタも出て盛り上がる

雪はやんだが、かなり積もっている。よって、雪かき。家の前を中心にかなり熱心にやる。

Sdim0639

午後は、歌舞伎座へ。今日は夜の部を見る。「青砥稿花紅彩画」の通し。最初の方、5人男が集まってくるまでの場は、これまで見たことがなかった。ただ、やはり浜松屋の場にならないと面白みがない。観客席も、その雰囲気が一変した。

菊之助の弁天小僧は、今回は、元気溌剌、声もよく通る。何より女が美しい。男になると、一変して凄味も出る。これは、これまでになかったことではないか。松緑の南郷も、なんだかおじいさんに似てきた。これはとてもいいことで、芸の幅が広がるだろう。このところ、大きな役が立て続けにあって、否が応でも進歩せざるをえないのか。染五郎の日本駄衛門は、いかんせん大きさを感じさせない。弁天小僧と南郷が去った後、番頭が金をもって逃げようとする場面は初めて見た。こんなのはあったのだろうか。大河君が羽生選手の真似というのは、今日の新ネタだ。ちょっとお得。

最後は屋根の上の立ち回り。昼の部の南北に比べて、なんといっても分かりやすいし、長年にわたって役者が作り込んでいるので緊張感、その他があまりに違いすぎる。新作がなかなかできないのも、こうした古典にはそう簡単に勝てないからだろう。

« 2月14日(金)バレンタインデーの大雪のなか季織亭でおそらく最後の宴会 | Main | 2月17日(月)平田信の裁判は被告人質問に入る »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/59141704

Listed below are links to weblogs that reference 2月15日(土)「青砥稿花紅彩画」の通しには羽生選手ネタも出て盛り上がる:

« 2月14日(金)バレンタインデーの大雪のなか季織亭でおそらく最後の宴会 | Main | 2月17日(月)平田信の裁判は被告人質問に入る »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30