無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 6月27日(金)総会も終わったSJSの事務所へ行き3冊本を買う | Main | 6月29日(日)日本未来科学館でアンドロイドを見る »

June 29, 2014

6月28日(土)やはり「映画は父を殺すためにある」ということをNew CINEMA塾で改めて知る

土曜日なので、朝寝。午前中はさしたることはなし。

昼前に出かける。お茶の水へ。お茶の水近辺のコンビニはなぜか地下にある。軽い昼食を買う。途中で、ブックカフェを発見。今度行ってみたい。

Sdim1824

New CINEMA塾の3回目。ファザコン映画というキャッチフレーズだが、どちらも面白かった。「ディア―・ピョンヤン」も、「エンディング・ノート」も、監督の父親が亡くなっていくまでの過程を描いている。まさに、私の本のタイトルが示しているように、「映画は父を殺すためにある」の世界だ。

さらにこの二つの映画の共通点としては、父親がかなり強固な共同体の一員だということ。「ピョンヤン」の方は、朝鮮総連の幹部で、背後には北朝鮮がある。「エンディング」の方は、父親は企業の取締役までつとめたサラリーマンだが、慶應の出身者なので三田会のネットワークがある。こう見ていくと、セルフという枠には入らない映画かもしれない。

« 6月27日(金)総会も終わったSJSの事務所へ行き3冊本を買う | Main | 6月29日(日)日本未来科学館でアンドロイドを見る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/59895300

Listed below are links to weblogs that reference 6月28日(土)やはり「映画は父を殺すためにある」ということをNew CINEMA塾で改めて知る:

« 6月27日(金)総会も終わったSJSの事務所へ行き3冊本を買う | Main | 6月29日(日)日本未来科学館でアンドロイドを見る »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30