無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 7月17日(木)西荻窪の宗教をめぐる | Main | 7月19日(土)経堂祭りは第一日目 »

July 19, 2014

7月18日(金)7月大歌舞伎夜の部は「修善寺物語」と「天守物語」

午前中は家で仕事。予言の本では、内村鑑三の再臨運動について。半分くらい書けた。

午後はSJSの事務所により、そこから、歌舞伎座へ。夜の部を鑑賞するため。


Sdim1998


今日は家族そろってということもあり、三階の一列目。一階に比べると、狭くて窮屈。邪魔なので荷物をロッカーへ。

最初は「悪太郎」。見なくてもいいかと思っていたが、やはりそうだった。踊りとして面白いものなのだろうが、さっぱりおもしろくない。右近がとにかく中途半端。何をやろうとしているかが分からない。

次は、中車の「修善寺物語」。たしかに、中車、声の出し方が歌舞伎らしくなっている。ただ、小さく見えるのはどうか。あるいは、周囲を固めるのが澤瀉屋ばかりということもあるのかもしれない。


Sdim2000

最後は、玉三郎の「天守物語」。おそらく、生の舞台を見るのは3回目。前半、亀姫が尾上右近なので心配したが、意外にそつなくやっている。右近は、今確実に変化しつつある。猿弥、吉弥がいい。

後半は、海老蔵の図書之助。若いころには、この役、せつなさがあったが、やはり今になるとその感覚が失われる。ただ、声としては、この役になると海老蔵見違えるようになる。玉三郎も、昔を知っていると、老いたという感じがしなくもない。昔の凛々しさが少し失われている。最後に我當が出てくると、がぜん舞台が締まる。さすが。カーテンコールがあるのは、これが歌舞伎ではないという証だろう。

« 7月17日(木)西荻窪の宗教をめぐる | Main | 7月19日(土)経堂祭りは第一日目 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/60007811

Listed below are links to weblogs that reference 7月18日(金)7月大歌舞伎夜の部は「修善寺物語」と「天守物語」:

« 7月17日(木)西荻窪の宗教をめぐる | Main | 7月19日(土)経堂祭りは第一日目 »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31