無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 8月11日(月)ハリオの銅製のコーヒードリッパーは焙煎急行の店主に衝撃を与えた | Main | 8月13日(水)ヒルズでひたすら校正をしながら電話取材を受ける »

August 13, 2014

8月12日(火)勘九郎がすっかりおやじの声になっていた納涼歌舞伎

午前中は家で仕事。日蓮についての本、第1章に入る。『福神』に書いた原稿を直していくという形で進める。第1章は、40枚近くあるので、十分章になるだろう。途中までやる。

ライブラリーへ。『予言の日本史』のゲラを受け取る。こちらは急いでいるので、明日やらないといけない。最初の方だけ見る。それから、日蓮の原稿第1章を完成させる。

4時から、洋泉社のムックの打ち合わせ。新宗教について。これまでと一緒では仕方がないので、目新しい視点を提案してみる。

終わってから東銀座へ。納涼歌舞伎の第3部。家族と合流してみる。

Sdim2463

最初は「勢獅子」。おそらく見たことがあるのだろうが、「お祭」と印象がかぶり、いつ見たかすぐには思い出せない。三津五郎がうまい。本来なら勘三郎が相手をつとめていたのだろうと考えると、少しさびしい。若手も少しがんばっている感じがした。

次が、というか最後が「怪談乳房榎」。ニューヨーク公演の凱旋。したがって、ニューヨークでやった御愛嬌の部分も出てきて、ニューヨークで見たらさぞや面白かっただろうと思わせた。勘九郎が、声が親父にすっかり似てきた。「先代そっくり」の声も飛ぶのもうなづける。早変わりが見事で、滝もたっぷり。納涼歌舞伎として、ふさわしい演目だ。すっかり堪能して帰る。娘は大阪から新幹線で帰ってきて、劇場に直行したが、寝ないで最後まで見たのは、よほど面白かったのだろう。


« 8月11日(月)ハリオの銅製のコーヒードリッパーは焙煎急行の店主に衝撃を与えた | Main | 8月13日(水)ヒルズでひたすら校正をしながら電話取材を受ける »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/60142797

Listed below are links to weblogs that reference 8月12日(火)勘九郎がすっかりおやじの声になっていた納涼歌舞伎:

« 8月11日(月)ハリオの銅製のコーヒードリッパーは焙煎急行の店主に衝撃を与えた | Main | 8月13日(水)ヒルズでひたすら校正をしながら電話取材を受ける »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31