無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 12月8日(月)日蓮の本の原稿を書き墓の問題について語る | Main | 12月10日(水)一日家で仕事をして日蓮の本の最後の章を書き終える »

December 10, 2014

12月9日(火)国立劇場の『伊賀越道中双六』「岡崎」に圧倒される

午前中は家で仕事。日蓮の本を書く。

昼前に家を出て、半蔵門へ。国立劇場。『伊賀越道中双六』の通し。ただし、いつも出る「沼津」はない。44年ぶりに「岡崎」が出るというのがお目当て。


H2612kabukihonomote028

国立劇場の通しは、だいたい脚本が説明的で面白くないことが多いが、今回は違った。最初こそ、筋をただ追っているという感じもあったが、「藤川」あたりから調子がよくなってきた。

圧巻は、何といっても「岡崎」。吉右衛門が珍しくセリフを間違えることが多いのだが、それも、政右衛門と股五郎が紛らわしく、しかも片方が片方に化けたり、しかも、役者に又五郎がいるせいかもしれない。ただ、そんなこともあまり気にならない。

吹雪の中震える妻をわかってつきはなし、そのうえ、自分の子供を殺して投げ捨てるのだから、話は陰惨。その陰惨なところへ行くまでの過程がすさまじく、役者と竹本が一体になっての盛り上げ方は尋常ではない。役者では、とくに歌六がいいが、最後はまるで文楽の人形のように見えた。葵太夫も渾身の語り。最後に、尼姿で米吉が出たところははっとして、美しく、涙を誘う。

歌舞伎にこんな演目があったのかと改めて、作者の近松半二の凄味を感じた。そういえば、大作の『妹背山女庭訓』も、筋が難解な『本朝二十四孝』も、この人が書いたもの。全体が上演されることが少ないが、偉大な作者だと思う。

帰りに書店に2件寄ったが、どちらでも詩想社の『奇跡の日本仏教』が平積みになっていた。

« 12月8日(月)日蓮の本の原稿を書き墓の問題について語る | Main | 12月10日(水)一日家で仕事をして日蓮の本の最後の章を書き終える »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/60788035

Listed below are links to weblogs that reference 12月9日(火)国立劇場の『伊賀越道中双六』「岡崎」に圧倒される:

« 12月8日(月)日蓮の本の原稿を書き墓の問題について語る | Main | 12月10日(水)一日家で仕事をして日蓮の本の最後の章を書き終える »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30