無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 3月4日(水)本調子ではないけれどカルチャーの講座とインタビュー取材 | Main | 3月7・8日(土日)ローズ色のEXAKT AKUDORIKがやってきた »

March 06, 2015

3月5日(木)歌舞伎座昼の部の仁左衛門はもう人間ではなくなっている

朝はほとんど仕事もしないまま、歌舞伎座へ。昼の部を見る。

「菅原伝授手習鑑」の通しは、めずらしい。筋書をみると、5年に1度しか行われていない。前回もちょうど5年前で、それは見たように思っていたが、後で調べてみると、劇場には行っていない。テレビで見たのだろう。

「加茂堤」は、若い二人の恋模様だが、ちょっと萬太郎は、恋をしている貴公子に見えない。ここは、菊之助と梅枝がしっかりしている。

「筆法伝授」は、源蔵が染五郎だが、夜の部と同じく松緑の方が、屈折した役としてはよかったのではないか。そんなことをかんがえていたら、漱石の「門」を歌舞伎にしたらいいのではないかということに思いつく。舞台を江戸に移して、友達の妻を奪い取った浪人が暮らしている、そこにといった話だ。

Sdim4164

「道明寺」は、いろいろな要素があって、意外に面白いのを発見。これまでは、映像だけのせいもあり、そこがよくわかっていなかった。しかし、仁左衛門は人間なのか、木像なのか、それが接近していて、この人しかできない役だと改めて思わせた。もうこれは演技ではないのだろう。

終わってから、下に降りると、黒崎夫妻とお会いする。本当によく会うものだ。

スピーカーはどうなったのかと、サウンドクリエイトに寄ってみると、ちょうと来たとのこと。土曜日には我が家に搬入される。楽しみだ。最後は仕事の打ち合わせがあって、ヒルズへ。

« 3月4日(水)本調子ではないけれどカルチャーの講座とインタビュー取材 | Main | 3月7・8日(土日)ローズ色のEXAKT AKUDORIKがやってきた »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/61237341

Listed below are links to weblogs that reference 3月5日(木)歌舞伎座昼の部の仁左衛門はもう人間ではなくなっている:

« 3月4日(水)本調子ではないけれどカルチャーの講座とインタビュー取材 | Main | 3月7・8日(土日)ローズ色のEXAKT AKUDORIKがやってきた »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31