無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 3月5日(木)歌舞伎座昼の部の仁左衛門はもう人間ではなくなっている | Main | 3月9日(月)「勧進帳」の小説化を試みている »

March 09, 2015

3月7・8日(土日)ローズ色のEXAKT AKUDORIKがやってきた

Sdim4167

土曜日の夜、待ちに待ったLinnのEXAKT AKUDORIKのスピーカーが、我が家に搬入されました。注文から2か月以上かかったのは、色を指定したからで、指定した色はローズ。たくさん色があるので迷いましたが、実にきれいな色に仕上がっています。漆塗りのような質感です。

搬入してもらうときに、セッティングもしてもらったわけですが、最後の段階で、スピーカーの位置を決め、最適化していく作業、それまでミュージシャンが各自バラバラに音を出していたのが、「じゃあ、やろう」という感じではじめて、そこから音楽になるというそういう状況でした。これは興味深い体験です。

日曜日は一日、音を出していましたが、まず、ハイレゾの音源が、CDリッピングと大きく差が出たように感じられます。これまでも違いは分かっていたつもりですが、EXAKTを通すことで、まったく次元の違うものになります。逆に、CDリッピングの音源が貧相という印象が強くなったのは、はたしていいことなのかどうか。

アナログについては、LP12がエントリー・モデルなので、これから改良の余地が大きくありますが、それを差し引いても、可能性はハイレゾ以上の気がしました。

一例をあげれば、キース・ジャレットとチャーリー・ヘイデンの「ラスト・ダンス」、ハイレゾだと、キースが自宅録音ということもあり、小さな箱のなかで演奏しているように聞こえるのが、アナログになると、その箱がなくなって広く感じられるというイメージです。全体に、今までと全く違うものに聞こえるのが不思議です。

« 3月5日(木)歌舞伎座昼の部の仁左衛門はもう人間ではなくなっている | Main | 3月9日(月)「勧進帳」の小説化を試みている »

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/61253691

Listed below are links to weblogs that reference 3月7・8日(土日)ローズ色のEXAKT AKUDORIKがやってきた:

« 3月5日(木)歌舞伎座昼の部の仁左衛門はもう人間ではなくなっている | Main | 3月9日(月)「勧進帳」の小説化を試みている »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30