無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 4月1日(水)仕事はいろいろで翻訳本のゲラを渡し床屋へ行く | Main | 4月3・4日(金土)リニューアルされた「そこまで行って委員会」と慈尊院の秘仏公開に高野山開創1200年 »

April 05, 2015

4月2日(木)歌舞伎座雁治郎襲名興行初日に行く

4代目雁治郎襲名興行が歌舞伎座であるので、それに出かける。初日。やはり江戸では、雁治郎になじみがないのか、決して満席ではない状態。雁治郎の襲名興行は、2月の大阪松竹座でも見ている。

Sdim4251


演目としては、最初が扇雀の「碁盤太平記」。これは、戦後2度目の上演ということなので、見たことはない。「仮名手本忠臣蔵」の前身のようで、近松の作だが、明治に渡辺霞亭が改作したもの。この霞亭という人、たしか天理教の教祖伝も書いていたはず。いかにもという話になってはいるが、長たらしく、仮名手本の9段目には到底及ばない。扇雀の大石もどうか。次は、「六歌仙」で、ベテラン俳優が次々に出てくる。ただ、三津五郎が亡くなったのは大きく、踊りで話して見せらるのか。そもそも「六歌仙」の内容に問題があるのかもしれない。最後に、「夕霧」で、雁治郎が出てきて、襲名公演ということになった。劇中で簡単な口上もあった。

夜の部は、最初の演目をスルーして、有楽町のビックカメラにビデオカメラを買いに行く。これが急に必要になった。戻って、「成駒家歌舞伎賑」、襲名という賑やかさがあり、最後には山城屋も入れて、成駒家5人の口上が簡単にある。次が、襲名の「河庄」。実はこれははじめて。雁治郎は熱演だが、相手の梅玉が喜劇的に対応できないので、面白みに欠ける。芝雀もどうか。最後は、「石橋」で、場内は喝采。

一応名のある役者は出ているが、雁治郎にからんではいないので、なんだか物足りない襲名興行になった。


« 4月1日(水)仕事はいろいろで翻訳本のゲラを渡し床屋へ行く | Main | 4月3・4日(金土)リニューアルされた「そこまで行って委員会」と慈尊院の秘仏公開に高野山開創1200年 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/61391487

Listed below are links to weblogs that reference 4月2日(木)歌舞伎座雁治郎襲名興行初日に行く:

« 4月1日(水)仕事はいろいろで翻訳本のゲラを渡し床屋へ行く | Main | 4月3・4日(金土)リニューアルされた「そこまで行って委員会」と慈尊院の秘仏公開に高野山開創1200年 »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31