無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 5月30日(土)高野山開創1200年の能楽と南アフリカワインの試飲会 | Main | 6月4・5日(木金)久しぶりに歯のメンテナンスへ行く »

June 04, 2015

5月31日~6月3日(日~水)宮崎に八紘一宇の塔を見に行く

31日は、日曜だが、結局『戦後日本の宗教史』の再校を一日で全部読んでしまった。


Imgp0642


1日は、娘が移動教室で2泊3日といないので、夫婦で九州へ。主たる目的は、宮崎の平和台公園にある八紘一宇の塔を見るため。飛行機で宮崎へ向かい、レンタカーを借りて、妻に運転してもらい、移動する。

まずは、宮崎神宮により、それから八紘一宇の塔へ。思っていた以上に巨大で、異様なものだ。紀元2600年の年に建ったものだが、日本がその後どうなるか、それをまったく予見はしていなかっただろう。扉から中をのぞいてみると、なかに扉があり、何かありそう。いったい何があるのだろうか。

そのあと、神武天皇の最初の都があったとされる皇宮屋皇宮神社へ。そこにも、紀元2600年を記念して、皇軍発祥の地の塔が建っていた。さらに、昔は新婚旅行のメッカだった青島へ。泊は、シーガイヤのシェラトン。中華料理を食べる。

2日は、かなり朝早くホテルを出て、高千穂へ。途中、東九州道が完成したのに、カーナビには出ていないので、車は空を飛んでいるような表示になった。おかげで早く高千穂につく。天岩戸神社に行き、天岩戸を遥拝し、天安河原へ。こちらは、賽の河原のようになっていた。その後、国見が丘へ寄り、高千穂峡へ。

さらに、臼杵へ行き、国宝の臼杵石仏を見る。国宝の仏像で見ていなかった数少ないもののひとつ。そこから、泊の湯布院へ。その間、大雨で大変なことに。ようやく湯布院に着き、龍の爪というところに泊まる。各部屋に温泉がある。

最後の日は、ゆっくり出て、宇佐神宮へ。八幡神の総本社なので、大変お世話になっている感じがする。ここは2度目だが、最初に来た時には、弥勒寺跡など見なかったかもしれない。その本宮の大元神社の遥拝所があったが、本来なら行かないといけない。ただ今回はパスして、五百羅漢の東光寺へ。最後に、熊野磨崖仏。石段がこんなにきつかったか、前に来たのに記憶がない。それから大分空港へ行き、東京へ。

« 5月30日(土)高野山開創1200年の能楽と南アフリカワインの試飲会 | Main | 6月4・5日(木金)久しぶりに歯のメンテナンスへ行く »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/61692439

Listed below are links to weblogs that reference 5月31日~6月3日(日~水)宮崎に八紘一宇の塔を見に行く:

« 5月30日(土)高野山開創1200年の能楽と南アフリカワインの試飲会 | Main | 6月4・5日(木金)久しぶりに歯のメンテナンスへ行く »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30