無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 8月20・21日(木金)神戸の写真でも貼ってみようか | Main | 8月23日(日)なんと朝日新聞の『戦後日本の宗教史』の書評は柄谷行人さんだった »

August 23, 2015

8月22日(土)納涼らしくない納涼歌舞伎を一日観劇する

朝から歌舞伎座へ。納涼歌舞伎の第1部から第3部を見るため。

Sdim4838

3階席の一列目をすべてとってあり、1部終わるごとに横に移動した。納涼歌舞伎というと、水が出てきたり、お化けが出てきたりすることが多いが、今回は、そうしたところがあまり見られなかった。「棒しばり」と「芋堀長者」は、亡くなった三津五郎にささげるとなっている。追善興行ではないということなのだろう、筋書にも三津五郎のことは写真を含め出ていなかった。

一番、最初から予想されたことだが、わかりにくかったのが、2部の「逆櫓」。吉右衛門では見たし、あるいは幸四郎でも見ているかもしれないが、話が分かりにくい。というか、主人公の樋口という人物の位置づけが、いったい彼は誰に対して忠を尽くしているかがわかりにくく、それで感情移入できない。観客も少なかったし、盛り上がりにも欠けた。

逆に一番面白かったのは、最後の「祇園恋づくし」。いろいろと恋愛が出てきて、どろどろしているのかと思ったら、さっぱりしていて、見どころも多かった。なぜもっと上演されないのか、かえってそれが不思議だった。

三津五郎に捧げるということで、巳之助が大役をふられていたが、このところ急速に進歩していて、意外に、役者としても面白い。踊りは当然まだまだで、どうこう言うほどではないのかもしれないが、若手有望株として急成長している雰囲気もある。

歌舞伎を見始めて15年が経つが、これくらい時間が経つと、世代交代という場面に接する。そこがもう一つ歌舞伎の面白さなのかもしれないと、改めて思った。


« 8月20・21日(木金)神戸の写真でも貼ってみようか | Main | 8月23日(日)なんと朝日新聞の『戦後日本の宗教史』の書評は柄谷行人さんだった »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/62139976

Listed below are links to weblogs that reference 8月22日(土)納涼らしくない納涼歌舞伎を一日観劇する:

« 8月20・21日(木金)神戸の写真でも貼ってみようか | Main | 8月23日(日)なんと朝日新聞の『戦後日本の宗教史』の書評は柄谷行人さんだった »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31