無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 11月2日(月)歌舞伎座顔見世昼の部を見る | Main | 11月5日(木)町はすでにクリスマス »

November 05, 2015

1月3・4日(火水)歌舞伎座夜の部と日光の取材旅行

火曜日は、歌舞伎座の夜の部。市川家の将来を担うであろう勸玄君の初お目見え。父親に手を引かれ、挨拶をしただけだが、いったいこれからどうなっていくのか。たしかに、「海のものとも山のものともわからない」状況ではある。

演目は、『元禄忠臣蔵』の「仙石屋敷」から。仁左衛門の大石蔵之助の一人芝居という趣。セリフだけで見せる、女形が全く出てこない地味な芝居。聞かせるが、最後が息切れしたというか、緊張感が続かなかったような気もした。

次は、『勧進帳』。幸四郎は現代劇のようでもあり、松緑の義経は能のようでもあり、その点でちぐはぐ。最後は、海老蔵初役の「河内山」。いつもとは違い質見世がなく、いきなり松江邸から。これだと河内山が化けていることがわからず、変な感じ。海老蔵の河内山はなかなか色っぽいし、この役にあっている。周りがもう少しよければ、さらに面白かったのではないか。

Sdim5386


水曜日は、取材のために日光へ。二荒山神社から輪王寺、東照宮をまわる。ここには昔来たことがあるはずだが、大学生の時以来だろうか。ほとんど覚えていないのだが、久能山とはやはり似ている。まだ工事が進んでいるので、全体は見られない。いろいろと階段を上って疲れたが、平日だというのに相当な数の人。

帰りは駅まで歩く。途中、名物らしい羊羹とゆばを買って帰る。

« 11月2日(月)歌舞伎座顔見世昼の部を見る | Main | 11月5日(木)町はすでにクリスマス »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/62617227

Listed below are links to weblogs that reference 1月3・4日(火水)歌舞伎座夜の部と日光の取材旅行:

« 11月2日(月)歌舞伎座顔見世昼の部を見る | Main | 11月5日(木)町はすでにクリスマス »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31