無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 12月14日(月)『神道はなぜ教えがないか』の文庫見本が届き『ブッダは実在しない』が重版になる | Main | 12月16日(水)安心してください上高地にへ行ってません »

December 16, 2015

12月15日(火)『殺戮の宗教史』の最終原稿を作り話題の『服従』を読む

一日家で仕事のパターン。

最初は、『殺戮の宗教史』の原稿、いよいよ刊行ということになったので、それに手を入れる。書いてから、フランスの同時多発テロがあり、それも盛り込む。このテーマがますます重要なことになっている。

その後、宗教とロックの原稿、第1章の第1節を最後まで書き上げる。ここだけでもけっこう大変だった。これからどうなることやら。さらに、日本人の神の原稿、新しい章に入り、最初の部分を書く。

Sdim5514


話題になっている、ミシェル・ウエルベックの『服従』を読む。ヨーロッパのイスラム化という流れのなかで書かれた小説だが、文学というより通俗小説であり、ポルノでもある。背景はいろいろと複雑なものがあり、フランスにおける宗教観というものを理解しないと、なぜこのようなものが書かれたのか理解にしくいだろう。やはり、カトリック的な信仰へのあこがれがあり、それが、性的な幻想と結びついて、奇妙な形になっているともいえる。


« 12月14日(月)『神道はなぜ教えがないか』の文庫見本が届き『ブッダは実在しない』が重版になる | Main | 12月16日(水)安心してください上高地にへ行ってません »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/62878989

Listed below are links to weblogs that reference 12月15日(火)『殺戮の宗教史』の最終原稿を作り話題の『服従』を読む:

« 12月14日(月)『神道はなぜ教えがないか』の文庫見本が届き『ブッダは実在しない』が重版になる | Main | 12月16日(水)安心してください上高地にへ行ってません »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31