無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 4月27日(水)風邪をひいたがなんとか持ち直しサブウーファーの試聴をする | Main | 5月3日~5日(火~木)たいしたことのないゴールデンウィーク »

May 03, 2016

5月2日(月)初お目見えで菊之助の長男和史君がこけた

ゴールデンウィークの真っ最中だが、『サンガ』に載った藤本晃氏との対談を本にする企画、原稿がきていたので、それを直す。合わせて、まえがきを3000字ほど書く。これで完成する。


Sdim6645

午後はゆっくりして、歌舞伎座へ。団菊祭。菊之助の長男の初お目見えがある。歌舞伎座に着いたら、ロビー正面に早野龍五さんがいたので、『この寺社を見ずに死ねるか』の本をお渡しする。今日来ているのはツィッターで承知していた。

最初は、その初お目見えの「勢獅子」。菊五郎と吉右衛門が祖父という、これからいったいどうなるかという寺島和史君だが、いきなり花道でころび、泣き顔に。お父さんにつれられて舞台へ出るが、あいさつはできず。それでも最後、客席に手を振っていたのは、さすがというべきか。

次は、三人吉三。旧三之助。この組み合わせでは何度も見ているような錯覚にとらわれたが、なんと15年ぶりとか。やはりこの三人はいいと思いながら見ていた。

次は、松緑の「馬盥」。南北の作だが、あまり南北らしくない、しんどい芝居。主人公が耐えに耐えて、最後爆発する。松緑は2度目だという。最後の笑いが不気味で、そこがよかった。萬太郎がしっかりしていて、声も大きく、全体を引き締めていた感じがする。團蔵は精いっぱい頑張っていた感じか。

最後は、口直しのような「男女道成寺」。この二人では14年ぶりだが、前回は御園座。見に行ったような気もする。巡業では、新之助時代の海老蔵が、現在の雀右衛門とやっていたような気がする。菊之助が色気たっぷりで、出てくるだけでそれが強く感じられる。海老蔵は、あまり出しゃばらないところがいい。これだけでも満足するような舞台だった。やはり、松緑、海老蔵、菊之助が揃うと、豪華で楽しい。

終わってからヒルズへ。夜のラジオ出演のために時間があったので、

11時すぎにTBSへ。荻上チキ君の番組には3度目の出演。『この寺社を見ずに死ねるか』の本を中心に話をする。深夜に帰宅。

« 4月27日(水)風邪をひいたがなんとか持ち直しサブウーファーの試聴をする | Main | 5月3日~5日(火~木)たいしたことのないゴールデンウィーク »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/63573456

Listed below are links to weblogs that reference 5月2日(月)初お目見えで菊之助の長男和史君がこけた:

« 4月27日(水)風邪をひいたがなんとか持ち直しサブウーファーの試聴をする | Main | 5月3日~5日(火~木)たいしたことのないゴールデンウィーク »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31