無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 6月9日(木)大学で『もう親を捨てるしかない』を読んだと声をかけられた | Main | 6月11日(土)『島田裕巳の学校では教えてくれない仏教の授業』の見本が届いた »

June 11, 2016

6月10日(金)国立劇場の鑑賞教室で橋之助の「魚屋宗五郎」を見る

午前中から午後にかけては家で仕事。ヤマギシ会の本、第3章を最後まで書き上げ、見直しの作業に入る。元々書いてあるこの章からかなり削ったので、それは次の章に回すことにした。それでも90枚はある。

午後はヒルズへ。打ち合わせが一件。秋に書く予定にしている本だが、ほかにもいろいろと話題が。

終わってから霞が関へ出る。そこから歩いて国立劇場へ。近いかと思ったが、歩くとかなりあった。まあ、散歩というところだ。グランドアークで軽く夕食をとり、劇場へ。

Sdim6755

歌舞伎鑑賞教室の社会人向け。これには初めて来た。最近注目の橋之助の「魚屋宗五郎」。その前に萬太郎が司会をして、「歌舞伎の見方」。場内はほぼ満員の状態。どういう人が来ているのか、よくわからないが、着物姿の団体もあった。

橋之助の宗五郎は、20年ぶりというが、見ていて勘三郎の霊がよみがえってきているような感覚を受けた。お手本にしているのだろう。梅枝のおはま以下、他の配役がちょっと物足らない。それでも、橋之助はすっかり甲高くなる癖がなくなり、こうした役はうってつけ。襲名では「番隨長兵衛」でもやるのだろうか。

来年3月に吉右衛門が「伊賀越道中双六」をやるらしい。また、あの壮絶な「岡崎」が出るのだろうか。

« 6月9日(木)大学で『もう親を捨てるしかない』を読んだと声をかけられた | Main | 6月11日(土)『島田裕巳の学校では教えてくれない仏教の授業』の見本が届いた »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/63761000

Listed below are links to weblogs that reference 6月10日(金)国立劇場の鑑賞教室で橋之助の「魚屋宗五郎」を見る:

« 6月9日(木)大学で『もう親を捨てるしかない』を読んだと声をかけられた | Main | 6月11日(土)『島田裕巳の学校では教えてくれない仏教の授業』の見本が届いた »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31