無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 9月21日(水)昨日は伊勢丹メンズ館のパーティーだった | Main | 9月25日(日)朝日カルチャーの横浜教室で水野和夫・原武史氏の講座を聞く »

September 22, 2016

9月22日(木)NHKが取り上げるとどうして「0葬」はあんなに暗くなるのか

先々週、台風のために延期になっていたNHKクローズアップ現代+の「ゼロ葬の衝撃」を見てみた。番組のなかでは、「0(ゼロ)葬」を業界用語のように説明していたが、これはいくらなんでも無理があるだろう。私が提唱したといえば、それですむようにも感じられたが、大いに疑問だった。

Photo

ただ、問題は、0葬の内容。番組では、主に、一応近親者ではあるが引き取りたくない遺骨をどのように処理しているかという観点で、予骨やら迎骨やら送骨を取り上げていた。離婚した夫の遺骨を引き取れと言われても、たしかに困るわけで、そのとき、遺骨を引き取ってくれるサービスは助かるかもしれない。

しかし、私が提唱した0葬は、「あっさり死ぬ」という副題が示しているように、もっとからっとしたものであるはずだ。最初の部分にも書いたが、これまで日本人は死者の遺骨の重さに苦しんできた。火葬した骨を引き取らない0葬は、そうした重荷からの解放をめざすもので、かろやかな死者の葬り方を説いたものだ。

NHKは、転勤の多い職場で、職員はみな必然的に根無し草になっていく。無縁社会のときもそうだが、そうした職員の意識が番組に反映されているように感じる。何か0葬ということばが間違った方向で使われていく懸念を感じた。

« 9月21日(水)昨日は伊勢丹メンズ館のパーティーだった | Main | 9月25日(日)朝日カルチャーの横浜教室で水野和夫・原武史氏の講座を聞く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/64239316

Listed below are links to weblogs that reference 9月22日(木)NHKが取り上げるとどうして「0葬」はあんなに暗くなるのか:

« 9月21日(水)昨日は伊勢丹メンズ館のパーティーだった | Main | 9月25日(日)朝日カルチャーの横浜教室で水野和夫・原武史氏の講座を聞く »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31