無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« October 2016 | Main | December 2016 »

November 2016

November 27, 2016

11月27日(日)浅草寺で勘太郎の二人の息子のお練りがあった

勘九郎の二人の息子が来年2月の歌舞伎座で、勘太郎と長三郎を襲名することになり、そのお練りが浅草寺であった。大変な人で盛り上がっていたが、子供たちは堂々としたもの。

20161127_110134


20161127_114519


20161127_123715

二人は歌舞伎座で、「二人桃太郎」をやることになる。これは、幼稚園のお遊戯のようなものだが、そこに歌舞伎ファンは大枚をはたいていくことになる。


November 25, 2016

11月25日(金)54年ぶりの11月の雪

昨日は朝から雪になった。11月に雪が降るのは54年ぶりとか。ちょうどそのとき小学校の3年生だった。はっきりとは覚えていないが、その年あたり、やたら東京でも雪が降ったという記憶がある。ということは、今年はこれから、かなり雪が降るということだろうか。

Sdim7342

いちょうが黄色く色づいているのに雪が降っているという光景は珍しい。

Sdim7346

最後は、スマホで撮ったもの。シグマとはちょっとレベルが違う。

20161124_144201


November 22, 2016

11月22日(火)兵藤裕己校注『太平記』全6巻を読了する

兵藤裕己さんが校注された『太平記』(岩波文庫)全6巻を読み終えた。

20161122_084029

刊行がはじまったのが2014年の4月だから、完結するまで2年半を要している。その途中、朝日カルチャーセンターの千葉教室で講座が重なり、兵藤さん本人にもお会いすることができた。同じひろみで、字も近い。ちょっとした縁を感じていたが、その折、校注の作業で目を悪くして、中断しているということを伺った。

その後、再開されて完結にまで至ったわけだが、たしかに注が細かい。何よりいいのは、同じ言葉に繰り返し注が出てくることで、そうなっていないとこの本は読めなかっただろう。ご苦労様というしかない。

各巻、長文の解説がついているが、とくに最後の巻の解説は南北朝の正統問題にふれて、啓発されるところが多かった。講談社学術文庫に入っている『太平記〈よみ〉の可能性』でも述べられていたことだが、今回の方が分かりやすく、また、射程が長い気がした。


November 21, 2016

11月21日(月)芝翫襲名二ヶ月めの興行を見る

昨日は歌舞伎座の昼の部へ行った。芝翫親子襲名の2か月目。

20161120_104815_3

演目は、最初が「四季三葉草」。本来は儀礼である三番叟を清元に仕立てたもの。前回上演されたのを見たのかどうかはっきりとした記憶がないが、もともと格式ある儀礼だったものが色っぽい清元になるというのは、ちょっと違和感を持った。

次は、染五郎の「毛抜」。染五郎だと弾正がおとなしい。もっと江戸歌舞伎の荒事らしさが欲しいが、それを望むのは無理か。

三番目が、襲名した芝翫親子の4人連獅子。芝翫がちょっとかわいいところもあり、親子というより四兄弟の感じがした。最後の毛ぶりも、新橋之助がリーダーという、この家のありようを示している。

最後は、幸四郎の「加賀鳶」。前半はちょっとだれた感じもあったが、終わりに近づくと俄然面白くなった。幸四郎独特の体の使い方が軽妙で、道玄にはうってつけ。娘と一緒に見に行ったが、帰りがけ、「道玄は道元じゃないよね」みたいな話になる。


November 20, 2016

11月20日(日)江古田のみつるぎカフェで松木君の時代劇の殺陣についての話を聞く

土曜日の午前中は、朝日カルチャーセンターの横浜教室へ。「日本神道史」の第3回目で、アマテラスについて考えてみた。1時間半しゃべるのに準備が4時間もかかった。アマテラスには多くの謎があり、まだまだ解明できていない。

20161119_161615

横浜から、新桜台まで行く。これが今は乗り換えなしに直通で行ける。江古田駅に向かうつもりが、反対に行ってしまった。地下鉄で慣れない駅だと、方向がつかめない。

江古田について、みつるぎカフェ。松木君による時代劇の殺陣の解説。練馬区の行事に入っているので、お客さんもかなり入っていた。それにしても、三船敏郎の殺陣はすごいということを改めて学んだ。昔の時代劇を今作ろうとしても、それはできない。できるとすれば、CGだろう。

November 17, 2016

11月17日(木)変容する年中行事

六本木ヒルズでは、クリスマスの準備が進んでいる。ツリーは、まだ点灯には至っていない。

Sdim7337

ハロウィンが終わったらクリスマスというのが、最近の傾向だが、こうした年中行事、少し前と比べるとずいぶんと変化してきている。年中行事など毎年の繰り返しのはずなのだが、近年では、洋物が中心になってきている。その洋物のなかでも、栄枯盛衰があり、ハロウィンが盛り上がるようになってくるのに比較すると、バレンタインは一時の勢いがない。ハロウィンは、仮装で盛り上がるという点で若者の行事で、まだ家庭に十分には浸透していない気がするが、これからどうなるのだろうか。

少なくとも、正月、ひな祭り、お彼岸、五月の節句、お盆といったパターンが重要性を失っているのも事実。年中行事はどんどんと変容していく。結局はそういうものだろう。


November 16, 2016

11月16日(水)ファブリーズが幻覚を思い出させる不思議

我が家では部屋干しするときにファブリーズを使っているらしい。意外とその匂いがきついのだが、それをかぐと、13年前に大病して入院し、麻酔の後遺症で幻覚を見ていた時のことを思い出す。成分の関係だろうか。

20161115_174426

昨日は、久しぶりに歯のメンテナンスと会計士事務所に寄るので新宿へ出た。小田急はピンク色。


Sdim7335

ディスクユニオンでは、レコードを三枚買ったが、そのうちの一枚が、この名盤。自宅でアナログレコードで聴いたのははじめてかもしれない。いい音がする。


November 14, 2016

11月14日(月)娘の都大会ととげぬき地蔵

昨日は娘のバレーボール部、都大会に出場してその大会が巣鴨の文教学院大学女子中学であった。夢にも考えていなかった都大会だが、トーナメント形式の試合では、第1セット19対24から追い上げて、ジュースにまでもちこんだものの、そこから相手にとられて24対26でセットを落とした。ここで逆転できれば、あるいはと思わせたが、第2セットは16対25で敗れ、最初の試合で敗退。それにしても、よくぞここまで来たもの。校長先生やほかの先生方も応援にかけつけて盛り上がる。


20161113_105434


20161113_152008


試合が終わった後は、昼食を食べて、巣鴨の地蔵商店街へ。考えてみると、とげぬき地蔵には来たことがない気がする。というわけで、商店街をめぐり、洗い観音をあらったりと巣鴨を探索する。たしかに、落ち着いていて、高齢者が来るには程よい場所だ。

November 12, 2016

11月12日(土)日本「祈りと救いとこころ」学会で基調講演を行い島薗進さんと久しぶりに話をする

日本「祈りと救いとこころ」学会の第3回学術大会で基調講演をする。話の内容は、基本的に『宗教消滅』に沿ったものになったが、冒頭、トランプ氏の大統領当選に福音派がどうかかわったかについても述べてみた。

20161112_121247

講演が終わってから、日本評論社の編集者と話をしていたら、そこにこの学会の顧問でもある島薗進さんがやってきた。この前会ったのは、もしかしたら、島薗さんの退官のときかもしれない。というわけで、いろいろ話をする。本としては、国家神道と軍人との関係について論じるものを用意しているらしい。

November 11, 2016

11月11日(金)黒崎さんの骨董とSPレコードの話

昨日は大学の授業の日だが、午前中に黒崎さんの骨董と蓄音機の話と実演があった。骨董としては、踏み絵とロシア正教のイコンという組み合わせ。その後、SPレコードの演奏。帰りがけ、同僚の先生が、黒崎さんのお金の使い方をうらやんでいたのが面白かった。

20161110_114341

昼はポケモン狩りに来た妻と落ち合って、昼食の後、善福寺公園へ。ここは、人も少なく、自然の音しかしないし、都内の公園では屈指の場所ではないかと思う。ちょうど屋外アートの展示もやっていた。


20161110_140335


20161110_135703


その後授業と演習。

November 10, 2016

11月10日(木)芝翫襲名披露の夜の部を見る

昨日は歌舞伎座へ、娘と。芝翫襲名披露興行の2か月目。祝い幕が斬新。ただ、事前に知っていたので、インパクトはなかった。

20161109_184852

演目は、最初が「綱豊卿」。仁左衛門が得意とする演目だが、染五郎の演じ方はとても現代風。分かりやすいが、『元禄忠臣蔵」の世界とは少しずれるのかもしれない。

「口上」は、前の月とメンバーが異なり、わけのわからないことを言う左団次も含まれている。前の月より時間に余裕があるのか、全体にゆったり。新芝翫の口上、力がこもっていて、なかなかいい。

次は襲名披露の演目「盛綱陣屋」。小四郎の左近が頑張っているが、芝翫、声が高くなる悪い癖が戻っている。緊張のせいだろうか。もう一つ、この人、何もしないでいるときに、気配を消すのではなく、力を抜いているように感じられ、それが舞台の緊張感をそいでいる気がする。

最後は、新橋之助の「芝翫奴」。これは、要するに「共奴」だが、もちろんまだまだ。上半身と下半身がばらばらで、奴の力強さが出ていない。明日からは一番下の歌之助、まだ中学生。いったいどうなるのだろうか。見てみたい気もする。


November 09, 2016

11月9日(水)誕生日を記念してとうとうスマホに替えてみた

今までずっとガラケーを使ってきた。今の機種はもう6年を超えている。古い仕様のものなので、しだいに使えるところがなくなり、スケジュールも見られなくなった。このままいくと、新幹線の予約もできなくなりそうだ。それを反映して、最近は、携帯が機能していない。そこで、誕生日を記念してスマホに替えることにした。

Sdim7309

機種は、Xperiaの最新のもの。11月に出たばかり。ハイレゾ音源も聞けるようだ。カバーも買ったが、カバーの上からも操作できる。

ただ、タブレットと比べると画面は小さい。しかし、そうした不便さがかえっていいかもしれない。年中いじることもないだろう。


November 06, 2016

11月6日(日)ショートショート映画は短くて見やすく楽しめた

昨日は朝日カルチャーセンター横浜教室での『日本神道史』の2回目。神道のはじまりについて、縄文時代までさかのぼって話をした。

Yokohama_short_shorts_theater_2016c

先日アメーバTVに出演した際、関係者の方から、横浜駅近くのショートショートシアターの招待券をいただいたので、そこへ行ってみる。1時間で4本が上映される。短いもので5分、長くて25分。出来としては、一番長い「合唱」がよかった気がするが、「数分間のロマンス」もいかにもフランスらしいエスプリのある作品だった。

最近の一般の映画は、2時間をはるかに超えているのが多く、長すぎるという印象があるが、ショートショート映画は、その点ではなかなかいい。

終わってから馬車道まで歩き、ディスクユニオンに行くが、めぼしいものはない。買ったのは、ブランフォード・マルサリスと父親のエリスの12インチシングル。こういうのははじめて買ったが、音はたしかにいい。


November 04, 2016

11月4日(木)文化の日に天皇の存在を考える

昨日は文化の日。日本国憲法が公布された記念日ということで、毎日新聞では憲法にかんする本の広告が。そのなかに、拙著『天皇と憲法』も含まれていた。

Sdim7303

天皇の公務の軽減を話し合う有識者会議も開かれているが、国民全体がまだ天皇と憲法の問題に対して関心が薄い気がする。天皇が現在の憲法でも要になっていて、もしその不在という事態が起こったら、日本の国家は途端に機能しなくなる。にもかかわらず、そうした事態は「想定外」とされ、対策も立てられていない。

一つの国家の存亡が、一つの家にかかっているという事態そのものに大きな問題があり、そこに憲法の欠陥がある。天皇の在り方、地位を憲法で規定したことで、より一層、天皇家の維持が難しくなっている。果たしてこのままでいいのか。当然これからはその議論が必要なはずなのだが。


November 02, 2016

11月2日(水)国立劇場は忠臣蔵通しの2か月目初日

国立劇場の初日に行ってきた。今回は、全段のなかでもふだんかかることの多いものばかりで、珍しい場面はなかった。勘平が、錦之助から菊五郎に代わり、おかるが菊之助から雀右衛門に変わる。

Sdim7302

最初の道行、菊之助の針仕事の手つきがよかった。最近はこういうのがいい。

次は、勘平の物語だが、定九郎の松緑、口から血を吐くところを失敗して、あっさりと死んでしまった。菊五郎はいったいどれだけ勘平をやったのだろうか。勘平そのもの。郷右衛門が歌六だったり、源六が團蔵だったりと、配役はかなり豪華。菊五郎劇団と吉右衛門劇団が共演しているわけだから、当然そうなるのだろう。

一力茶屋。雀右衛門がいかにも妹の甘えを好演していたが、受ける又五郎の平右衛門が器として小さい。初役ということもあるが、ニンではない気がする。吉右衛門も、最後のうっぷん晴らしの恨みの表現はうまいが、これもこの場面の大星としては小さい気がした。なにしろ、この三人はみな次男。どうしても、次男ばかりが集まると、器が小さくなってしまう。これは仕方がないことでもあるが。

November 01, 2016

11月1日(火)ハロウィンでにぎわう渋谷でリンゴ・スターのバンドを聴く

昨日は、教え子、といっても珍しく男性だが、に誘われて、オーチャードホールでのリンゴ・スター・アンド・ヒズ・オール・スター・バンドの公演に行く。ロックのコンサートを生で見るのは珍しいし、ビートルズのメンバーはまったく初めて。

Sdim7301

ステージはハロウィン・モード。スマホや携帯なら演奏中も撮影ができるというのも知らなかった。朝、リンゴ・スターのアルバムを聞いて勉強していったので、そのとき聴いた曲も演奏された。

リンゴは76歳というが、飛び跳ねたり、まったく元気。これには驚いた。きっとビートルズの時代よりも楽しいのだろう。曲のなかには、サンタナのバンドにいたグレッグ・ローリーが入っているので、よく知っているサンタナの曲がかなり演奏された。私などにはそれがいちばん楽しい。

帰りは、ハロウィンの渋谷の街を通って帰ったが、仮装した若者たちがただ歩いているだけで、これは何なのか今一つわからなかった。あとはもうクリスマスか。


« October 2016 | Main | December 2016 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31