無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 4月1日(土)忠臣蔵七段目の平右衛門の気持ちで行った早野龍五写真展のクロージング・レセプション | Main | 4月6日(木)桜田淳子さんの問題で「ミヤネ屋」に出演し夜は季織亭 »

April 05, 2017

4月5日(水)4月大歌舞伎は吉右衛門の鬱屈と猿之助の奴の脚

昨日は歌舞伎座へ。4月大歌舞伎、昼夜一気に見た。3階席なので、けっこう辛抱がいる。

Sdim7789

一番の出来は、夜の部の「傾城反魂香」。吉右衛門の又平の鬱屈の表現は、この人ならでは。菊之助の女房は、最初のおしゃべりはまだまだだが、実直で夫の性格をより一層際立たせる。「岡崎」のときは、最初の方の日では台詞が入っていなかったようだが、今回は手慣れたもので問題なし。

目だったのは猿之助。「伊勢音頭」の万野の存在感はかなりのもの。「熊谷陣屋」の相模は、さほどでもなかったが、「奴道成寺」は、勘十郎の振付なのか、最後の方をはっしょって、新しい表現になっている。奴だと、足が躍るので、そこが面白い。猿之助は、澤瀉屋でやらないのがいいのだろう。

問題は藤十郎。「帯屋」で、セリフは聞こえないし、そこにいてただ辛抱しているだけに見える。色気も失せて、壱太郎だけが目立った。これはちょっと考えもの。

« 4月1日(土)忠臣蔵七段目の平右衛門の気持ちで行った早野龍五写真展のクロージング・レセプション | Main | 4月6日(木)桜田淳子さんの問題で「ミヤネ屋」に出演し夜は季織亭 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/65110344

Listed below are links to weblogs that reference 4月5日(水)4月大歌舞伎は吉右衛門の鬱屈と猿之助の奴の脚:

« 4月1日(土)忠臣蔵七段目の平右衛門の気持ちで行った早野龍五写真展のクロージング・レセプション | Main | 4月6日(木)桜田淳子さんの問題で「ミヤネ屋」に出演し夜は季織亭 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30