無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 6月19日(月)宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の本当の詩碑が千歳烏山にあった | Main | 6月24日(土)高千穂の夜神楽を国立劇場で見る »

June 23, 2017

6月23日(金)公明党の古い体質がはからずも表に出てしまった

公明党広報がツイートした共産党批判が話題になっている。

Original

公明党と共産党は、創価学会が文化部を作って政治の世界に進出してからのライバル関係にある。ともに、都市下層階級をターゲットに選挙活動を展開するため、支持者の奪い合いになり、とくに公明党の支持基盤である創価学会が急速に伸びていた1960年代には、両者の対立はかなり激烈なものだった。

どうもその事態は、どちらの勢力にとっても、行き過ぎの状態にあったらしく、1974年には、作家の松本清張の仲介で、共産党と創価学会の間に協定が結ばれ、激しい非難合戦はしないということになった。これが「創共協定」あるいは「共創協定」になるが、創価学会が公明党に相談もせずにことを進めたため、公明党からはかなりの反発を食い、創価学会の方も、決して共産党と共闘するわけではないと発表せざるを得なくなる。

その点では、創共協定は無効になったともいえるが、現実には、それ以降、両者の非難合戦はかなり納まり、一定の効果はあったらしい。

今回は、創共協定以前に逆戻りしたような感じだが、おそらく公明党のなかに、共産党とやり合っていた時代から活動している人間がいて、その人間が、こうしたツイートをしたのではないだろうか。その点では、古い公明党、あるいは古い創価学会の体質が表に出た面がある。

公明党は、事実だとつっぱねているが、今の時代にはどうもそぐわない。それが分からない人間が広報をしているということは、ちょっと問題ではなかろうか。

« 6月19日(月)宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の本当の詩碑が千歳烏山にあった | Main | 6月24日(土)高千穂の夜神楽を国立劇場で見る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/65446370

Listed below are links to weblogs that reference 6月23日(金)公明党の古い体質がはからずも表に出てしまった:

« 6月19日(月)宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の本当の詩碑が千歳烏山にあった | Main | 6月24日(土)高千穂の夜神楽を国立劇場で見る »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30