無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 7月28日(木)松竹座で「盟三五大切」を見る | Main | 7月31日(月)靖国神社の暴露本から今を考える »

July 30, 2017

7月30日(日)105歳で亡くなれば葬儀よりもお祝いがふさわしい

六本木ヒルズに行くためには、千代田線の乃木坂駅で降りるが、階段を登って右手には青山葬儀所がある。そこで、葬儀が行われるときには、看板が出ているが、昨日は、「日野原重明葬送・告別式」とあった。ちょうどその時間だったのか、葬儀所に向かう喪服姿の人たちも見かけた。

Sdim8064

朝日新聞の朝刊では、日野原氏の連載が載っていたが、昨日は「読者の皆様に最後のごあいさつ」と題されていて、5月中旬のインタビューが載っていた。内容は、まさに遺言と言えるようなものだった。

日野原氏の享年は105歳。現在では、この年齢まで生きる人も増えてきている。ただ、この年齢で葬儀をして、4000人も集まるというのはまれなことだろう。

たしかに人が死ねば葬儀ということになるが、ある程度高齢になったら、それはむしろめでたいことで、105歳ともなれば、果たして葬儀でいいのか。お祝いではないのか。看板を見て、そんな気がした。


« 7月28日(木)松竹座で「盟三五大切」を見る | Main | 7月31日(月)靖国神社の暴露本から今を考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/65597973

Listed below are links to weblogs that reference 7月30日(日)105歳で亡くなれば葬儀よりもお祝いがふさわしい:

« 7月28日(木)松竹座で「盟三五大切」を見る | Main | 7月31日(月)靖国神社の暴露本から今を考える »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30