無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 7月2日(日)江古田浅間神社の富士塚と御厨さんの生前葬 | Main | 7月5日(水)海老蔵が戻ってきたという感覚を抱かせた昨日の七月大歌舞伎 »

July 03, 2017

7月3日(月)今回は特別な7月大歌舞伎の初日昼の部を見に行く

歌舞伎座の7月大歌舞伎、昼の部へ行ってきた。初日だ。

演目は、「矢の根」、「加賀鳶」、「連獅子」とおなじみのものが並ぶ。市川姓の役者が多く、成田座、あるいは海老蔵劇団の趣。いろいろな点で注目される公演で、外には中継車も来ていた。夜の部はほぼ満席らしい。今日も、かなりの入り。

最初は、右團次の「矢の根」。右團次では初めて見た。いいのはまず顔。立ち姿も悪くない。セリフはちょっと物足らない気もしたが、後半になるにつれて、お客さんのこころをつかんでいったよう。最後は拍手喝采。

Sdim8015

次は「加賀鳶」。中車の松蔵が案外いい。黙阿弥の七五調をこなしている。ほかの歌舞伎役者だと、七五調を聞かせるというところに重点が行きがちだが、その奥にあるきっぷを表現しているところがさすが。この松蔵ゆえに、海老蔵の梅吉も生きる。道玄の方は、悪人だけに海老蔵の得意とするところ。何より目をむいたところがすごい。軽妙で、その分お客さんはホッとして、とにかく応援しようという気持ちが湧いてきたようだ。

それが「連獅子」にも影響している。長唄やお囃子の連中も、いつになく気合が入っていた。巳之助の子獅子も神妙でいい。それを見つめる親獅子の真剣な顔もよかった。

とにかく、今月は特別な舞台という雰囲気がみなぎっていて、これは何とも言いようがない。


« 7月2日(日)江古田浅間神社の富士塚と御厨さんの生前葬 | Main | 7月5日(水)海老蔵が戻ってきたという感覚を抱かせた昨日の七月大歌舞伎 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/65489763

Listed below are links to weblogs that reference 7月3日(月)今回は特別な7月大歌舞伎の初日昼の部を見に行く:

« 7月2日(日)江古田浅間神社の富士塚と御厨さんの生前葬 | Main | 7月5日(水)海老蔵が戻ってきたという感覚を抱かせた昨日の七月大歌舞伎 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31