無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 9月4日(月)オーディオ談義の結論は「バッハが神を殺した」だった | Main | 9月10日(日)千葉でジャズ喫茶に行ってみたが »

September 06, 2017

9月6日(水)めちゃくちゃな芝居の方が染五郎は生きるということを発見する

朝、東京駅へ。新幹線に忘れてきた小銭入れを取りに行く。そこから歩いて歌舞伎座へ。秀山祭。

彦山権現誓助剱、仮名手本忠臣蔵の道行花嫁、極付幡随長兵衛、ひらかな盛衰記逆櫓、再桜遇清水。最後の演目だけ初めて見た。これは、吉右衛門が書いたもので、今回の主演は染五郎。

Sdim8363

最初の毛谷村は、染五郎と菊之助で予想された通りの出来。ただ、もっとできそうな気がした。道行旅路の花嫁は、壱太郎が少し化粧がまともになり、その分、かわいい。藤十郎は、もう人間の域を超えて、仏のよう。ただ手を差し伸べているだけで、舞台が締まる。長兵衛は、あまり見たくなかったのだが、又五郎、橘三郎、児太郎、米吉と揃った金平が面白い。最近はここに力が入ってきた気がする。

夜は、逆櫓から。何度か見ているが、樋口が立派という以外、複雑すぎて、あまり面白いと思えない。最後の、再桜遇清水は、前半は人の出入りが多く、また奴ばかり出てきて、わかりにくいが、そのなかで、染五郎がだんだんに光ってくる。最後の花道の引っ込みは、なかなかの見もの。後半も、染五郎の芝居。こうした無茶苦茶な話の方が、ちゃんとした話よりも、染五郎は生きるのではないか。毛谷村との違いであり、弥次喜多やらラスベガスやらがそうだ。

« 9月4日(月)オーディオ談義の結論は「バッハが神を殺した」だった | Main | 9月10日(日)千葉でジャズ喫茶に行ってみたが »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/65759206

Listed below are links to weblogs that reference 9月6日(水)めちゃくちゃな芝居の方が染五郎は生きるということを発見する:

« 9月4日(月)オーディオ談義の結論は「バッハが神を殺した」だった | Main | 9月10日(日)千葉でジャズ喫茶に行ってみたが »

August 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31