無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« December 2017 | Main

January 2018

January 16, 2018

1月16日(火)「劇的なるものをめぐってⅡ」の上映会に行く

昨日は夕方早稲田大学へ行った。案外、早稲田に行くことは少ない。何度目かだろう。

Sdim8897

大隈講堂の前には列が出ていたが、これは、『劇的なるものをめぐってⅡ』上映会のためのもの。1000名の募集だが、早々に満員になったという。これは、1970年に早稲田小劇場で上演されたときの通し稽古の記録映像。よくこんなものが残っていた。

最初は、渡辺保先生による解説。近代演劇とは異なる新しい演劇の流れが生まれたということを力説される。その後、上演。もちろんはじめて見たが、何より伝説の白石加代子の演技がすごい。セリフ回しは想像されたが、身体の近い方が、歌舞伎の荒事を思わせる。渡辺先生は、筋というものがないということを強調されたが、実際に見てみると、一つの物語になっているという印象を受けた。この時代、私は早稲田小劇場は見ていないが、黒テントや赤テントを見ていたので、奇異なものにはまったく感じられなかった。

歌舞伎の舞踊など、道成寺が代表だが、途中に、本題の設定とはまるで異なるような部分はいくらでも出てくる。この時代の小劇場は、それと同じような作劇術をとっていたのではないだろうか。終わってから、休憩をはさんで、渡辺先生と鈴木忠志氏の対談。鈴木さん、いつものことではあるが、かなり饒舌だった。いろいろなものを組み合わせるという手法について、引き出しの多さを上げたことが新鮮だった。

終わってから慰労会があったが、そこでの話では、鈴木さん自身が舞台に立ったこともあったという。それが、ヨーロッパでは記録されている可能性があるとか。ちょっと持て見たいと思った。

January 15, 2018

1月15日(月)経堂からも富士山が

これは日曜日に撮影したもの。遠くに富士山が見える。

Sdim8895

前日の土曜日にも見えたが、日曜日の方がはるかに鮮明だった。写真にとるとひどく小さいが、実際にはもう少し大きく見えたという印象がある。

土日は、六本木ヒルズのライブラリーで校正をした。日曜日には、都立中央図書館にも行ったが、食堂の業者が変わったようだ。


January 11, 2018

1月11日(木)高麗屋三代の襲名興行はなんといっても「勧進帳」

昨日は、歌舞伎座に行った。高麗屋三代の同時襲名。初春からめでたい公演だ。

Sdim8885

昼夜続けてみたのだが、やはりなんといっても「勧進帳」。吉右衛門の富樫がすごい。富樫という役がこれだけ面白いものだということを初めて知ったような気がした。幸四郎は初演の弁慶も見たが、そのときのわざと大きく見せようとする体の動きがなくなり、自然になったところがいい。ただ、なぜか弁慶の面白さが出ていない気がした。ストレートすぎるのだろうか。あと注目は新染五郎。客席の期待も大きく、すがすがしい義経を演じていた。将来が楽しみ。

後は、猿之助が怪我のため、涎くりだけの出演となったことが響いてもいる。愛之助が2つの演目で二役を演じ分けなければならなくなった。それはそれで変化の妙を楽しめるのかもしれないが、それぞれ猿之助だったらと思うと、やはり残念。口上の席にもつらなっていなかったことを、終わってから気づいた。

白鸚の「寺子屋」。申し分のない出来なのだと思うのだが、ちょっと「寺子屋」を一時見すぎたせいか、なんだか楽しめなかった。これはこちら側の問題だろう。

新橋も歌舞伎座も、ともにほぼ満員。それだけでもめでたい正月興行だ。


January 09, 2018

1月9日(火)新橋演舞場で初芝居

新橋演舞場の初春歌舞伎公演に行ってきた。


Shinbashi_201801f3_7a44ba5f1bf2295d


役者は、基本的に、海老蔵に獅童、それに右團次。これで昼夜は、やはり辛い。昼夜ともほぼ満員だが、とくに昼の部はあまり面白くない。「天竺徳兵衛」は、はじめて見たが、獅童一人の活躍ではなんともならない。獅童は、見栄など海老蔵に教わっている気がするが、迫力ではどうしても劣る。

その後、海老蔵のにらみで、「鎌倉八幡宮静の法楽舞」に。全く新しい舞踊という感じがするが、さほど見るべきものがない。あまり面白くない、昼の部。


0


夜の部は、「日本むかしばなし」。桃太郎の話を軸に、浦島太郎や花咲か爺さんや一寸法師、それにかぐや姫の話がからむ。とくにだめなのは、鬼ヶ島。ちょっと、設定をいじりすぎ。もっと素直な方がよかった。後半は、花咲か爺さんが悪くない。その後、鷹之助の一寸法師もいいが、最後のかぐや姫は、海老蔵最後の独白が、内容がなくてかわいそう。劇作家が世間を忖度し、適当に書いたということが見え見え。全体としては悪くない。直せばもっと面白い。

January 08, 2018

1月8日(月)「メタルオペラ ミレニアム桃太郎」を見てきた

昨日の夜は、池袋の芸術劇場で開かれた桜月流の公演、「メタルオペラ ミレニアム桃太郎」を見てきた。

26230850_821350758044910_2162989173

昨年の夏に、すでに「ミレニアム桃太郎」の公演があったが、今回は主役の桃太郎と、その母親の弁財天、それに外郎売に扮した(化けた)謎の男の他はメンバーも一新され、ライブと芝居が合体したような公演になった。

終わってから、外郎売の松木氏に聞いたところ、この公演がいかに大変だったかを力説された。なんとバンドのドラマーは主役と同じく16歳らしい。

ついでに神社関係者から、いろいろと情報を聞き出す。公演の方は、今日が千秋楽。


January 06, 2018

1月6日(土)今まで飲んだこともないほどうまいエチオピア産のゲイシャ種が経堂の焙煎急行で売られていた

今日は西高時代の同級生の新年会。皆、60代半ばにして、よく飲むこと。信じられない。

帰りがけに、経堂の焙煎急行に寄ったら、思わぬものがあった。

Sdim8876

世界のコーヒーフリークのあいだで、「ゲイシャ」の人気は高いが、これは有名なパナマのものではなく、原産地のエチオピアのもの。ゲイシャ種は、病気に弱く、それが中南米にわたって、うまく育てられるようになり、世界的に大人気を博するようになった。

それを、ゲイシャ種の原産地であるエチオピアで、アメリカ人とエチオピア人の夫婦が復刻させたのがこれ。値段は6400円と高いが、正直、これだけおいしいコーヒーを飲んだことはない。パナマのものの方がさらにうまいらしいが、飲み進んでいくと、ちょっと麻薬的な感覚があり、飲み終わるのがひどくもったいなくなってくる。飲んだ後も、その味が喉に残る感じで、やみつきになりそう。世の中には恐ろしいコーヒーがあるものだ。

January 05, 2018

1月5日(金)富岡八幡宮の問題について書いてみた

新年第1弾ということになったが、講談社のサイト「現代ビジネス」に、「富岡八幡・宮司殺人事件の背景にある「神社大崩壊」という大問題」という文章を書いた。

この記事を書くにあたっては、昨年の12月25日に現地を訪れた。使われている写真はそのときに、私自身が撮影したもの。やはり行ってみると、いろいろなことが分かってくる。

その後、正月に訪れた人が書いているのを見ると、事件現場となった宮司の住居は、全体が白い幕で覆われているようだ。それは、私が訪れたときにはなかった。初もうで客を考えての処置かもしれない。

おそらく富岡八幡宮は特殊な神社だったのだろう。初もうで客は激減したようで、これからどうなるのか。問題はまだ終わっていない。

January 04, 2018

1月4日(木)御厨貴邸での新年会があった

昨日は、政治学者の御厨貴邸での恒例の新年会だった。昨年は、家の前にポリスボックスが立っていて、大規模にはできなかったらしい。その場所も教えてもらったが、それだと監視してもらっているのか、監視されているのかわからない状態だっただろう。

20180103_181244

いろいろな人が集まってきたが、学生世代は呼ばないということで、完全な大人の集まりになっていた。池内恵君と、シーア派の話になったが、結局、シーア派というのはイスラムというより、キリスト教の影響を受けた別の宗教ではないかという結論になった。ペルシア人はアラブ人の宗教を受け入れることに大いなる抵抗があったようだ。

御厨さんも、いろいろなことから離れ、今はサントリーの社外取締役が公的な仕事らしい。まずは、皆さんお元気なようでめでたい限りだった。


January 02, 2018

1月2日(火)新年会やら初詣やらとめでたい正月になった

元旦は、実家へ行く。姪が結婚し、その連れ合いをつれてきたので、例年にない大人数。

2日は、まず赤坂へ出て、日枝神社に初詣。故あって、二年続けてになる。

Sdim8867

昨年は3日の夕方に訪れた。そのときに比べて列が短い。5分ほどしかならばないでもすんだ。天気も良いのに、意外と人出がないのだろうか。なんとなく富岡の事件が影響しているようにも思える。

そこから西日暮里へ出て、妻の弟の新築の家に。結婚し、5月には子供が生まれるとか。いろいろとめでたい正月になった。

« December 2017 | Main

January 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31