無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 2月11日(日)娘の高校入試についていく | Main | 2月18日(日)今更ながら国立劇場の「世界花小栗判官」を観る »

February 14, 2018

2月14日(水)高麗屋三代襲名は2か月目

昨日は、歌舞伎座高麗屋三代の襲名興行へ行った。

Sdim8932

襲名披露の演目は、昼の部が「一条大蔵譚」で、夜の部が「熊谷陣屋」と、「忠臣蔵」の7段目。ほかに、夜の部で、口上のつく「寿三代歌舞伎賑」。昼夜通しで見た。

Sdim8937

新幸四郎は、先月は幸四郎を襲名したように見えたが、今月は吉右衛門を襲名したかのよう。どちらかと言えば、後者で本領を発揮する役者なのかもしれない。ただし、新白鸚のような異様なプライドの高さもないし、吉右衛門のような鬱屈もない。その点では未知数というか、まだ道を見出していないようだが、先月よりも立派に見えたのはなかなか。

今月でいちばんの見ものだったのは、玉三郎のお軽。自在でお軽そのもの。これまでも見ているが、いちばんよかった。これぞ「芸の賜物」。あと、最初の「春駒祝高麗」の芝翫。踊りがすばらしい。そして、7段目の力弥をやった新染五郎。中1にしてこの色気。末恐ろしい。

とにかく、ほとんどの歌舞伎役者が終結した興行で、それは華やか。それだけでも見る価値がある。なにしろ、大蔵卿では、成瀬が秀太郎で、勘解由が歌六。これでまったく違うものになった。


« 2月11日(日)娘の高校入試についていく | Main | 2月18日(日)今更ながら国立劇場の「世界花小栗判官」を観る »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/66392153

Listed below are links to weblogs that reference 2月14日(水)高麗屋三代襲名は2か月目:

« 2月11日(日)娘の高校入試についていく | Main | 2月18日(日)今更ながら国立劇場の「世界花小栗判官」を観る »

July 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31