無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 3月3日(土)運に恵まれなかった娘のクラスが合唱コンクールで最優秀 | Main | 3月7日(水)東京通信大学のテスト収録と東京国立博物館の二つの展覧会 »

March 06, 2018

3月6日(火)今月の歌舞伎座夜の部は玉三郎劇場だが

昨日は歌舞伎座の夜の部へ行ってきた。

Dsc_0099

今月は昼の部と夜の部の趣向が異なっていて、夜の部は、「玉三郎劇場」の趣。「於染久松色読販」と「神田祭」は、玉三郎が仁左衛門と共演し、最後の「滝の白糸」は玉三郎の演出。やはり人気があるのか、月曜日の夜にもかかわらずほぼ満員。

「お染久松」は、二人がうまいのでそれなりに見せるが、何かこくがないというか、はりがないというかちょっと物足らなかった。「神田祭」とくると、江戸三大祭りの一つ、「深川祭」のことを考えてしまうが、こちらは、大人の踊り。

問題は、「滝の白糸」。新派の名作となっていて、水芸の場面は有名だが、舞台でははじめて見た。歴史的な上演とも言えるのは、歌舞伎役者がすべての役を演じたこと。玉三郎が白糸をやったときも、大方は新派の役者。

見ていて、新派と歌舞伎とはずいぶんと違うものだと思った。新派は近代の演劇で、登場人物の心情も近代的。その分、歌舞伎役者がやると辛いところが多い。それに、壱太郎と松也というのも、どうだろうか。歌六は、意外と泉鏡花の作品が得意だと思うのだが、見せたのは彼だけかもしれない。正直、この作品には戸惑った。

« 3月3日(土)運に恵まれなかった娘のクラスが合唱コンクールで最優秀 | Main | 3月7日(水)東京通信大学のテスト収録と東京国立博物館の二つの展覧会 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/66465891

Listed below are links to weblogs that reference 3月6日(火)今月の歌舞伎座夜の部は玉三郎劇場だが:

« 3月3日(土)運に恵まれなかった娘のクラスが合唱コンクールで最優秀 | Main | 3月7日(水)東京通信大学のテスト収録と東京国立博物館の二つの展覧会 »

June 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30