無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 4月29日(日)薬師如来からオーディオ哲学宗教談義そして打ち上げ | Main | 5月7日(月)團菊祭昼の部へ行く »

May 01, 2018

5月1日(火)大嘗祭とは何なのか

神道コンシェルジュ講座で、大嘗祭について3回やってみた。途中、天皇が神に対して神饌を捧げる場面を実演してみたりもした。天皇の代替わりに一度だけ行われる儀礼だけに、規模が大きく、その全容をつかむことは難しいので、都合3回をかけたことになる。

125714318034316107390

大嘗祭については、折口信夫の「大嘗祭の本義」という論文が有名で、そこでは天皇霊のことが出てくる。もっとも肝要な儀式は、この天皇霊を受け継いでいることにあるというのだ。

現在では、折口説を否定する見解が多い。大嘗祭に先立つ譲国儀や即位儀において皇位の継承がなされるなら、改めて大嘗祭でそれを行う意味はない。そういうことになるのだろうが、真床御衾のある神座が何なのか、その説明が難しい。

大嘗祭は長く受け継がれるなかで、当初の形が変わり、中国式の儀礼の要素が入ってきたりしているので、それで全体の意味が分かりにくくなっているところがある。

さらに、京都から東京に斎場が移されることで起こった変化もある。いったいこれは何の儀礼なのか。現代のいて意味を持つのか。そこからして議論をする必要があることを感じた。


« 4月29日(日)薬師如来からオーディオ哲学宗教談義そして打ち上げ | Main | 5月7日(月)團菊祭昼の部へ行く »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/66670798

Listed below are links to weblogs that reference 5月1日(火)大嘗祭とは何なのか:

« 4月29日(日)薬師如来からオーディオ哲学宗教談義そして打ち上げ | Main | 5月7日(月)團菊祭昼の部へ行く »