無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 10月9日(火)幸福の科学の現状について | Main | 10月13日(土)国立劇場で『平家女護島』通しを見る »

October 11, 2018

10月11日(木)成田屋以外でははじめての助六

昨日はヒルズで打ち合わせの後、歌舞伎座へ行った。夜の部を見るため。

Sdim9589

今回は、18世中村勘三郎7回忌の追善興行。もう7回忌だ。勘三郎が突発性難聴になったとき、たまたま銀座の4丁目の交差点で、七之助の姿を見かけた。ふと気づいたら隣にいたのだが、そのときの堅い重苦しい雰囲気を覚えている。今回はその七之助が、「助六」では揚巻を初役で演じている。

最初は「宮島のだんまり」だが、いつものようにというか、あまりこの演目の意味が分からない。

それに比較すれば、「吉野山」の勘九郎の忠信は、楷書の踊りで、とくに合戦の場面が見事。玉三郎の方は、最近、何をやろうとしているのか、私にはよく分からないところがある。

「助六」は、成田屋以外で見たのははじめて。団十郎にしても海老蔵にしても、何か重要なときにしかやらないので、その祝祭的な雰囲気が伴うが、今回は、それがなく、その分で物足らなさを感じた。

仁左衛門は、人間としての助六を演じていて、それはそれで立派なものだが、荒事の超人間的な部分では、海老蔵に劣る。七之助は、指導を受けたであろう玉三郎そっくりだが、まだはまっていないのは初役だからだろう。歌六の意休が弱い感じなのが気になった。


« 10月9日(火)幸福の科学の現状について | Main | 10月13日(土)国立劇場で『平家女護島』通しを見る »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63110/67262211

Listed below are links to weblogs that reference 10月11日(木)成田屋以外でははじめての助六:

« 10月9日(火)幸福の科学の現状について | Main | 10月13日(土)国立劇場で『平家女護島』通しを見る »

December 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31