無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 12月14日(金)高橋いさをの新作『好男子の行方』を荻窪で見る | Main | 12月17日(月)『アナログ』誌の「オーディオ哲学宗教談義」の連載は第4話 »

December 16, 2018

12月16日(日)歌舞伎座夜の部はBプロで2回目

昨日は、夕方歌舞伎座へ。12月大歌舞伎夜の部を観る。夜の部は今月2回目。

Dsc_0443

2回見に来たのは、「阿古屋」が変則のため。前回は初日、玉三郎の阿古屋だった。今回はBプロで阿古屋は児太郎。玉三郎が岩永。保先生は気持ち悪かったと言っておられたが、最初から人形になりきっているのがすごい。小6ファンの妻も、これに比べたら松緑は足元にも及ばないという感想だった。たしかに。阿古屋も引き継いでほしい役だが、人形ぶりも、藤十郎と玉三郎の後を継いでこれができる人が育ってほしい。

児太郎の阿古屋は、いろいろ問題ありで、楽器によって波がある。琴はあまりうまくないし、胡弓の出だしはどうなるかと心配したが、後半かなり持ち直し、聞かせた。三味線が一番安定していた。ただ、この人、将来は父を超える大物になるような予感もした。

次は、初日と変わらない「あんまと泥棒」。相変わらず中車が達者だが、初日に比べて、酒を噴出した後、吹くところなど細かいところが変わっていた。

最後は、玉三郎の「傾城雪吉原」という新作舞踊。これがいけない。話が合って、主人公の心情を表現するという形に傾きすぎて、踊りがつまらない。玉三郎も舞台をうろうろしているだけに見える。新作舞踊は新作歌舞伎よりも難しい。


« 12月14日(金)高橋いさをの新作『好男子の行方』を荻窪で見る | Main | 12月17日(月)『アナログ』誌の「オーディオ哲学宗教談義」の連載は第4話 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 12月16日(日)歌舞伎座夜の部はBプロで2回目:

« 12月14日(金)高橋いさをの新作『好男子の行方』を荻窪で見る | Main | 12月17日(月)『アナログ』誌の「オーディオ哲学宗教談義」の連載は第4話 »

May 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31