無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 8月1日(木)旧暦の夏越しと奥すず | Main | 8月6日(火)成瀬巳喜男の『歌行灯』の男女関係は『浮雲』とは対照的 »

August 05, 2019

8月5日(月)成瀬巳喜男の『浮雲』を初めて見た

昨日、家人も留守だったし、とにかく暑いので、録画してあった成瀬巳喜男の『浮雲』を見た。有名な作品だが、実ははじめて。

8b85b136 

先日、京都に行った折、文化会館で成瀬の「妻」を少しだけ見た。終わりしか見ることができなかったが、上原謙の演じる男をさらにひどくさせたのが、『浮雲』の森雅之なのかもしれない。ひどい男なのに、別れられない女。南方の話が出てきたり、最後は、屋久島へと展開はするが、今的に言うとテンポが遅すぎる。2時間くらいだが、当時としてはかなり長編だったのではないだろうか。

制作されたのは1955年。昭和30年。日本はまだまだ貧しい、というかとんでもなく貧しい。高峰秀子が借りた部屋も、雨漏りがするだけではなく、電気がきていない。屋久島になると、当時はまったく電気が来ていなかったようで、それから60年が経った今から振り返ると、まったくの別世界。

そんななかから、今の日本が作り上げられてきたのだから、歴史の変化はあまりに大きい。たまに、この時代の映画を見ると、今の暮らしの持つ意味を考えさせてくれる。

 

« 8月1日(木)旧暦の夏越しと奥すず | Main | 8月6日(火)成瀬巳喜男の『歌行灯』の男女関係は『浮雲』とは対照的 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 8月1日(木)旧暦の夏越しと奥すず | Main | 8月6日(火)成瀬巳喜男の『歌行灯』の男女関係は『浮雲』とは対照的 »

February 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29