無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 1月13日(月)ミュージックバードをめぐる事件と国立劇場初芝居 | Main | 1月15日(水)『宗教年鑑』令和元年版から宗教消滅の傾向を探る »

January 14, 2020

1月14日(火)新橋演舞場の見ものは堀越勸玄の少年忍者

今日は新橋演舞場へ行ってきた。海老蔵の公演。昼の部だけ。夜の部は、とりそこなった。それだけ大人気。

昼の部は、孝太郎の雪姫で「金閣寺」。松永大膳は獅童。その弟を国矢がやっているのは、超歌舞伎つながりだろう。久吉は右團次。前半はどうかと思ったが、竹本が愛太夫に代わってからよくなった。

次は「鈴ヶ森」。莞玉の権八。色気がある。海老蔵の長兵衛は、貫禄はあっても、セリフがどこかおかしい。無理に長兵衛らしさを出そうとするからか。

82184739_1352537461592901_84729127448220

最後は、新作の「雪蛍恋之滝」。秋元康作ということだが、セリフの日本語が格調がない。

何より見ものは、少年忍者の堀越勸玄。しっかりしているし、立ち姿がいい。立ち回りも決まって、花道をさっそうと下がっていった。

話は大したことはないが、児太郎がいい。ずいぶん腕を上げた。こちらが雪姫の方がよかったような。

帰りがけ、歌舞伎座の向かいで葵大夫とすれ違う。

« 1月13日(月)ミュージックバードをめぐる事件と国立劇場初芝居 | Main | 1月15日(水)『宗教年鑑』令和元年版から宗教消滅の傾向を探る »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 1月13日(月)ミュージックバードをめぐる事件と国立劇場初芝居 | Main | 1月15日(水)『宗教年鑑』令和元年版から宗教消滅の傾向を探る »

May 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31