無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 4月19日(日)高3の娘に世界宗教史の講義をはじめた | Main | 4月21日(火)安倍昭恵首相夫人のスピリチュアリズムについて3年前に書いたもの »

April 20, 2020

4月20日(月)「新薄雪物語」の仁左衛門・吉右衛門は圧巻の演技

幻の公演になってしまったものがネットで公開されているので、それを見る。

菊之助の「義経千本桜」は、最後の「道行初音旅」と「四の切」を観た。これが3部のなかでは一番いい。とくに人間の方の佐藤忠信が悪くない。この役、なかなかうまくできないのだが、菊之助は風格もあり、落ち着いている。先日、古典芸能鑑賞会でもそう思ったが、今回も堂々として見ごたえがある。狐の方は、自然なところがいい。

一方、歌舞伎座3月公演。昼の部を観た。最初の、「雛祭り」というのはたわいもない踊りだが、雛人形たちが酔って踊るところ、勘十郎の振り付けも、既存のものに流れるという悪い癖がなくて、新味があった。皆、実に真剣に踊っている。

Kabukiza2003_hh_thumb_962f158051cf1e8453

真剣ということでは、「新薄雪物語」の仁左衛門と吉右衛門がすさまじかった。

この演目、女性の方が積極的に恋するとか、子どもにために珍しく親が犠牲になるとか、全体が歌舞伎のパロディーになっているのだと思うのだが、今回は今まで見た時とはかなり違った。

とくに、親を演じた仁左衛門と吉右衛門、これは名人芸としか言いようがなく、圧倒された。梅玉もいい。歌六が悪の権化とは言えないところが残念だが、実に見ごたえがあった。そこには、観客に見てはもらえないという鬱憤もあるのだろう。一世一代の演技だったのではないだろうか。

 

« 4月19日(日)高3の娘に世界宗教史の講義をはじめた | Main | 4月21日(火)安倍昭恵首相夫人のスピリチュアリズムについて3年前に書いたもの »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 4月19日(日)高3の娘に世界宗教史の講義をはじめた | Main | 4月21日(火)安倍昭恵首相夫人のスピリチュアリズムについて3年前に書いたもの »

July 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31