無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 5月3日(日)41年前に出たカプラの『タオ自然学』が重版になった | Main | 5月6日(水)配信歌舞伎の最後は「新版オグリ」 »

May 04, 2020

5月4日(月)3月大歌舞伎夜の部も配信で見た

無料配信されていた3月大歌舞伎の夜の部も見た。

Kabukiza2003_poster_e1583117900913

演目の順番は、「石切梶原」、「高杯」、「沼津」だが、見たのは「高杯」から。これは、どうということはなかった。

次の「石切梶原」。高麗屋一門でのということになるが、配役が大歌舞伎にしては物足りない。最後、白 、花道のところで疲れが出てしまった。

一番面白かったのは「沼津」。幸四郎がいい。藤十郎に習ったのだろうか。柔らかく、情もあり、上出来。思わず見入ってしまった。白 は、よぼよぼの爺さんの役にしては、立派すぎる。孝太郎、どうしても杉村春子に見えてしまう。

夜の部を見て、気づいた。昼の部の「新薄雪」は、歌舞伎のパロディーで、親が子のために命を投げ出すという話だが、実は、夜の部の「石切」と「沼津」も同様。そうした演目を集めている。ということは、子が親のために犠牲になるのではなく、親が子の犠牲になるものも多いということか。ただし、その場合の子は、すでに大人。そこが幼い子が犠牲になるのとは違う。その点が勉強になった。

 

« 5月3日(日)41年前に出たカプラの『タオ自然学』が重版になった | Main | 5月6日(水)配信歌舞伎の最後は「新版オグリ」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 5月3日(日)41年前に出たカプラの『タオ自然学』が重版になった | Main | 5月6日(水)配信歌舞伎の最後は「新版オグリ」 »

July 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31