無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 9月6日(日)歌舞伎座9月大歌舞伎の1部と2部 | Main | 9月18日(金)「夜霧よ今夜も有難う」のびっくり »

September 08, 2020

9月8日(火)ゲイリー・ピーコックの訃報に接して

ジャズのベーシスト、ゲイリー・ピーコックが亡くなった。4日のことらしい。

私にとっては、ファンでもあるが、それ以上の存在だった。

Dsc_0598

1970年、高校2年生のときに、はじめて生で聞いたジャズが、菊地雅章、ゲイリー・ピーコック。この二人に、村上隆のドラムスでトリオでの演奏と、プーさんの変則6重奏団だった。場所は銀座のヤマハ・ホール。そのころ、スイングジャーナルのワークショップというのをやっていて、プーさんとマル・ウォルドロンというのも聞いた記憶がある。

なぜかチケットは、机のなかにずっと入っている。ピットインで、プーさんとゲイリーに、富樫雅彦でライブをやったときにも、行った。終わってから、プーさんに誘われて、ゲイリーも含め、そばを食べに行った。終電の関係で、私はそばを食べられなかったようにも思うのだが、このワークショップのチラシを持って行って、サインをしてもらった。チラシはどこにあるか、すぐにはわからない。

チラシを見せても、二人とも覚えていなかった。演奏者にとってはそんなもんなのだろう。

そのほか、ゲイリーの演奏は、キースとのトリオで何度か聞いた。プーさんとポール・モチアンとのテザードムーンもサントリーホールで聴いた。

1930年代生まれには、著名なベーシストが多い。スコット・ラファロもポール・チェンバースも、チャーリー・ヘイデンもそのはずだ。

うちには、ゲイリーのレコードがいろいろある。そこには、生きたゲイリーの姿があるはずだ。

 

 

« 9月6日(日)歌舞伎座9月大歌舞伎の1部と2部 | Main | 9月18日(金)「夜霧よ今夜も有難う」のびっくり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 9月6日(日)歌舞伎座9月大歌舞伎の1部と2部 | Main | 9月18日(金)「夜霧よ今夜も有難う」のびっくり »

August 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31