無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 12月7日(月)歌舞伎座代役の彦三郎の大音声は目が覚めるような出来 | Main | 12月14日(月)一週間に二度さいたまスーパーアリーナを訪れクリスマスの気分いまいちの銀座へ »

December 09, 2020

12月9日(水)コロナ禍の新宗教の活動の実態を見に行った

先日、HSUで公演したこともあり、幸福の科学の講演会「エル・カンターレ祭」に行ってみた。場所は、さいたまスーパーアリーナ。ここは、NHK文化センターがあるので、ここのところ毎月一度は行っていて、今週も土曜日には行くのだが、アリーナのなかに入ったのは初めて。

Dsc_0691

コロナ流行のなかでは、それぞれの宗教団体は活動を制限されているが、幸福の科学の場合はどうなのか、それを見に行った。

埼玉県からの要請ということで、座席は半分に制限されているものの、一番前の区画は、熱心な信者ということで、席の間隔があいていない。通常のスタイル。高校生も来ているが、そちらも同じ。

大川隆法氏の講演を聞くのは、1991年の東京ドーム以来。あのときとはだいぶ雰囲気が違う。洗練されてきたということか、1991年の比べるとおとなしい。

講演の内容は、コロナについては中国陰謀説。これは、機関誌の『リバティー』で展開されていることと同じ。トランプに対する評価も同様。

他の宗教団体と異なるのは、信仰の力によってコロナの感染は防げるとしているところ。今のところ、幸福の科学関係で感染者は出ていないと、講演で力説していた。

これだけ強く出られるのは、創唱者が現役だからだろう。ただ、もちろんのこと、感染者が出るような事態になれば、状況は大きく変わる。果たしてそうしたことが起こるのかどうかは、注目されるところである。

 

« 12月7日(月)歌舞伎座代役の彦三郎の大音声は目が覚めるような出来 | Main | 12月14日(月)一週間に二度さいたまスーパーアリーナを訪れクリスマスの気分いまいちの銀座へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 12月7日(月)歌舞伎座代役の彦三郎の大音声は目が覚めるような出来 | Main | 12月14日(月)一週間に二度さいたまスーパーアリーナを訪れクリスマスの気分いまいちの銀座へ »

June 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30