無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 12月5日(土)国立劇場の「三人吉三」と真如苑の半蔵門ミュージアム | Main | 12月9日(水)コロナ禍の新宗教の活動の実態を見に行った »

December 08, 2020

12月7日(月)歌舞伎座代役の彦三郎の大音声は目が覚めるような出来

昨日は朝から原稿を書いて、気づいたら28枚も書いていた。そのあと、曙橋へ行って、本の語り。2時間。十分に働いた。

前もそうだったが、曙橋から東銀座へ。デニーズで軽く夕食をとって歌舞伎座へ。

Dsc_0690

第4部の「日本振袖始」を見る。

本来なら、玉三郎が岩永姫実は八岐大蛇で、素戔嗚が菊之助だが、玉三郎が濃厚接触者ということで、菊之助が代役。素戔嗚を彦三郎。

岩永姫、かなり激しい動きなので、若い菊之助にはいいが、玉三郎ではどうなのだろうか。

なにより大迫力は、彦三郎の大音声。これだけの声が出る役者はめったにいない。それが生きた。

この演目、舞台で見たのははじめてかもしれないが、緊迫感もありかなり面白かった。半分の観客でも、舞台と一体になり、盛り上がりもかなりのもの。コロナ禍で見たもののなかでは、一番の出来かもしれない。

« 12月5日(土)国立劇場の「三人吉三」と真如苑の半蔵門ミュージアム | Main | 12月9日(水)コロナ禍の新宗教の活動の実態を見に行った »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 12月5日(土)国立劇場の「三人吉三」と真如苑の半蔵門ミュージアム | Main | 12月9日(水)コロナ禍の新宗教の活動の実態を見に行った »

July 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31