無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 2月10日(木)『週刊読書人』2月11日号に島薗氏の本の書評を書いた | Main | 2月15日(火)閉店前のライフと赤坂ヴォイスでのお話 »

February 12, 2022

2月12日(土)歌舞伎座第3部の「鼠小僧」はこれまでとは違う黙阿弥物になっていた

昨日は、歌舞伎座に出かけようとして、慌てた。チケットを取った日を、予定に間違って入れていた。チケットは10日分。

ところが、第3部の幕間に食事を予約している。これはもったいない。そこで、渡辺保先生が書いていたことがかなり気になったので、第3部のチケットを改めてとることにした。こういうときは思い切ってと、1階の4列目をゲット。

Sdim4736

演目は、最初が踊りの「鬼次拍子舞」。はじめて見た。コロナにかかった芝翫も復活し、元気に踊っていた。まずはめでたし。

次が、黙阿弥の「鼠小僧次郎吉」。

Sdim4738

菊之助が主役だけに、菊五郎劇団と吉右衛門劇団の合同公演という趣で、それが、いつもの黙阿弥とは違った味わいになった。

黙阿弥の得意とする盗賊ものだが、義賊がいかに矛盾したものかを描いている。菊之助のクールさがいい。息子の丑之助もしっかりしている。

歌六が、花道の奥でせっかくあった息子との別れを嘆くというのも珍しい。その点でも、1階で見た甲斐があった。

最後に、これも復帰した彦三郎が出てきたが、これもいい。

チケットは無駄になったが、来てよかった。

 

« 2月10日(木)『週刊読書人』2月11日号に島薗氏の本の書評を書いた | Main | 2月15日(火)閉店前のライフと赤坂ヴォイスでのお話 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 2月10日(木)『週刊読書人』2月11日号に島薗氏の本の書評を書いた | Main | 2月15日(火)閉店前のライフと赤坂ヴォイスでのお話 »

August 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31