無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 9月5日(月)歌舞伎座第1部は秀山祭で「寺子屋」が違う芝居に見えてしまった | Main | 9月9日(金)『文藝春秋』誌の座談会と来週のweb生対談 »

September 08, 2022

9月8日(木)『息衝く』のトークショーと歌舞伎座第3部

依然として忙しい。

火曜日は、雑誌『Will』のインタビューを受けて、東中野へ。木村文洋監督の『息衝く』が再上映されて、トークショーに呼ばれる。

Fbn1vfwacaa1gyz

政教分離の話を中心にしたが、映画のなかで母親が亡くなるシーンについて、「あのようには人は死にません」と伝えておいた。

水曜日は朝カルで午前と午後に講義。そのまま歌舞伎座へ。

20220907_171622

第3部を見る。

「一力茶屋」のような名作は、無駄なところがいっさいない。これはすごいことだと思うが、長年の蓄積なのだろう。そのなかで、仁左衛門、海老蔵、雀右衛門が躍動している。とくに雀右衛門がいい。

次の「藤戸」は、能がもとになっているが、わかりにくい。亡くなったのが幼子なのか、漁師なのかいまいちわからない形になっている。実は同じ人物なのだが、母親が赤子をあやすので、亡くなった大人と結びつかない。

最後、成仏させるのが俗人であるのはいかがなものかと思ったが、元がそうなっているようだ。収穫は、丑之助の踊り。なんでも達者でおそれいる。

 

 

« 9月5日(月)歌舞伎座第1部は秀山祭で「寺子屋」が違う芝居に見えてしまった | Main | 9月9日(金)『文藝春秋』誌の座談会と来週のweb生対談 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 9月5日(月)歌舞伎座第1部は秀山祭で「寺子屋」が違う芝居に見えてしまった | Main | 9月9日(金)『文藝春秋』誌の座談会と来週のweb生対談 »

December 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31