無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« January 2023 | Main | March 2023 »

February 2023

February 28, 2023

2月28日(火)『婦人画報』4月号で富士山の信仰について語る

明日発売の『婦人画報』4月号。

20230227_202525

静岡の特集。静岡と言えば、富士山ということで、富士山にまつわる信仰について語っている

20230227_202515

いよいよ春という、そういう感じがしてくる。

February 26, 2023

2月26日(日)国立劇場で法華八講に接する

 昨日は国立劇場へ。声明の公演を見た。

20230225_135937

といっても、「比叡山延暦寺の神前法要 日吉大社の山王礼拝講」というもので、中身は仏教の儀礼のなかでも名高い「法華八講」。神前で法華経を講じるもの。全部で八講にわたるわけだが、そのうちの三講が披露された。

R502shomyo

声明と言っても、聴かせ所は少ないので、長時間にわたって見るのはかなり大変。内容も難しく。パンレットになるところとなると、声も小さく、まったく意味不明。

完全な儀式。勉強にはなった。源氏物語にも、法華八講とおぼしき儀式が出てくるらしい。に

 

February 25, 2023

2月25日(土)紀尾井町家話の100夜記念ライブを見る

昨日は、紀尾井町夜話特別編「紀尾井町家話 第一〇〇夜」の第一部を見に行った。場所は渋谷。

20230224_195629

松緑を中心に、ゲストが歌六と米吉の親子、それに猿弥。アシスタントが松江と亀蔵。亀蔵は舞台があり、遅れて登場。

約2時間と、いつもの配信よりは短めだが、実ににぎやか。

最後、手ぬぐいまきがあり、ゲットできた。松緑の手ぬぐいで、妻がファンなのでちょうどよかった。

終わってから、パルコの近くのスペイン料理の店で夕食。久しぶりにパエリアを堪能した。

February 23, 2023

2月23日(木)ブルーノート東京の配信でアヴィシャイ・コーヘン・トリオを聴く

今日は、ブルーノート東京の配信で、アヴィシャイ・コーヘン・トリオの演奏を聴いた。

71ikj9qz4vl_ac_sl1000_

最新作の「シフティング・サンズ」の曲が中心。

緊張感にあふれた演奏で、1時間半楽しめた。若い女性のドラマーもなかなかいい。

いわゆるジャズとは違う演奏でもあるが、最先端で、高級なイメージ。実際に聴いてみたくなった。

February 22, 2023

2月22日(水)上野千鶴子結婚報道でいろいろなことが腑に落ちた

上野千鶴子さんとは面識がない。国際日本文化研究センターの開所を記念したパーティーで同じ場にいて、数メートル先に上野さんがいたのを目撃したことはある。

20230222_210635

共著という形で本を出している形にはなっているが、これは、聞き手の亀山さんの本。

その最初に、上野さんのことが取り上げられていて、その冒頭に、上野さんは、既婚者と恋愛したことがあるかと聞かれたら、自分では既婚、未婚を問わない。不倫かどうかは相手の問題だと答えている。そして、既婚者と恋愛しているときにメディアから取材されたら、そのように答えようと用意していたのに、幸か不幸か取材がこなかったと語っている。これは深読みすべきところだったのかもしれないと、今は思う。

今から30年ほど前、1990年代に、知り合いのNHKのディレクターから、上野さんがパートナーと北海道に旅行するのに付き合ったということを聞いたことがあった。男性から「ちいちゃん」と呼ばれているということも聞いた。その男性が、色川大吉さんだったのかもしれない。その点では、知る人は知っていたのだろう。

毎月届く『てんとう虫』という雑誌に、上野さんが八ヶ岳での別荘ぐらしについて連載している。なんで八ヶ岳なんだろうかと思っていたが、腑に落ちた。そこは愛の巣であり、思い出の地なのだ。

というわけで、いろいろなことが符合し、腑に落ちた。

February 20, 2023

2月20日(月)ミュージックバードの寺島靖国さんの番組に出演する

昨日は、ミュージックバードの寺島さんの番組に出演した。

20230219_161835-1

お相手は、前園サウンドラボの社長、前園力さん。ブランド名はZonotoneで、この名は聴いたことがある。前園さんからは、お土産もいただいた。

20230220_083102

これをアンプなどにさすと、それだけで音が変わるらしい。寺島さんのお好きな世界だ。

番組は、ゴールデンウイークの頃に放送されるらしいが、ミュージックバード自体が、あと1年で放送を終了してしまう。ホームページに出ていた。したがって、私が出演するのもあと何回だろうか。

 

February 19, 2023

2月19日(日)羽根木公園の3年ぶりの梅まつりに行く

昨日は羽根木公園の「梅まつり」に行った。

Sdim7475

相当な人出。3年ぶりになる。その間も、梅は咲き続けていたわけだが、まつりとなると賑わいが違う。

Sdim7482

梅の方も盛り。

February 17, 2023

2月17日(金)紀尾井町家話第99夜を見る

昨日の夜は紀尾井町夜話特別編「紀尾井町家話」第99夜を見た。

18096

3月に南座で花形歌舞伎があるということで、ゲストは鷹之助と莟玉。アシスタントが松江。

いつも90分の予定が伸びるが、昨日も2時間半を超えていた。これいったいいつまで続くのか。来週は生ライブがあるので、出かける予定。

February 13, 2023

2月13日(月)長崎での講演の要旨が長崎新聞に載った

2月2日に長崎新聞の政経懇話会で講演したときの要旨が、長崎新聞の4日版に掲載された。

20230213_133001

それが今日送られてきた。

February 12, 2023

2月12日(日)前川喜平氏との対談本『政治と宗教 この国を動かしているものは何か』の広告が出た

今日の朝日新聞に前川喜平氏との対談本『政治と宗教』(徳間書店)の広告が出た。

20230212_081550

宗教法人の問題をめぐってかなり突っ込んだ議論をしている。

Sdim7464

文科省も旧統一教会の解散請求にかなり苦労しているようにも見える。その行方を占うには格好の本かもしれない。

February 10, 2023

2月10日(金)『インフォメーション・バンク』という雑誌に寄稿した

九州の福岡で刊行されている。『インフォメーション・バンク』の2023新年特別号に寄稿した。

20230210_085558

内容は、旧統一教会問題について。問題の概要とポイントについて解説した。

 

February 08, 2023

2月8日(水)歌舞伎座第1部の「三人吉三」は松緑の和尚吉三が出色の出来

今日は歌舞伎座の第1部へ行った。

329347749_1201802204059931_8513647689986

演目はご存じの「三人吉三」。本来は長大な物語で、それを全部見てみたいという願望を持っているのだが、実現はしそうにない。一部、コクーン歌舞伎では取り上げられたが。

329325405_755462252626493_35440558206408

今日は一階席。芝居は何でも、最初からの進行で全体が決まる。壱太郎のおとせが丁寧な芝居をしていて、七之助のお嬢も盗賊らしい。

愛之助もよいが、何と言っても松緑の和尚吉三が素晴らしかった。出色の出来。気持ちが入っていて、感動した。

紀尾井町夜話の特別編も今度100回を迎える。その仕切り役をやり続けたことで、歌舞伎というものを根本から見直したのかもしれない。なかなかそういう機会はないのだろう。それが成長につながったように思う。

February 07, 2023

2月7日(火)角川新書の『親鸞と聖徳太子』重版決定

2018年の9月に刊行した角川新書『親鸞と聖徳太子』の重版が決定した。

Sdim6930

今年は、親鸞生誕850年の記念の年でもある。親鸞の実像というのはなかなかとらえにくいのだが、聖徳太子信仰もそれを解く一つの鍵になる。

 

February 06, 2023

2月6日(月)歌舞伎座第2部と第3部はあまりに時間中身に差があった

今日は歌舞伎座へ。第2部と第3部。

329210999_1611933729229007_6622351863432

第2部は「女車引」から。車引の女性版で舞踊。七之助がかわいかった。

その後は、富十郎追善で鷹之助の「船弁慶」。がんばってはいるが、富十郎のことを考えてしまうと、そこまでの距離は遠い。

第2部はそれだけで、1時間半ほど。演目的にも、これだと客は入らない。

329172839_2257411251117674_8090967642812

第3部は、仁左衛門一世一代の「霊験亀山鉾」こちらは、第2部に比べて長く、全部で2時間50分ほど。前半が2時間を超え、これはさすがに長かった。前に国立で見ているが、配役が違う。一番大きな違いは、錦之助が芝翫に代わったこと。

2役なので、芝翫声を変えようとしているようだが、源之丞、声が高すぎて聴きにくい。仁左衛門はもっともニンにかなった役で、本当の悪だ。

第2部と同じ料金というのは、どちらが得でどちらが損なのか。いろいろと事情もあるが、第2部の中身はいかがなものか。

 

 

February 05, 2023

2月5日(日)紀尾井ホールでブラッド・メルドーのソロを聴き改めてキース・ジャレットは神だと思った

昨日の午後は紀尾井ホールへ。ブラッド・メルドーのソロ・コンサート。

20230204_144055

2列目の席なので、どうピアノを弾いているかがよくわかった。以前、コットン・クラブでジョシュア・レッドマンとのデュオを聞いて以来。

「10イヤーズ・ソロ」のアルバムを聴くと、宗教的な文言が多く出てくるが、昨日はあまりそうした雰囲気はなかった。取り上げた曲も、今度出るビートルズの曲集や、ボブ・ディラン、ジミー・ヘンドリックスとポピュラーな曲が多かった。明るく華やか。テクニックは最高。

Fokdscaaeaionki  

  ただ、2014年5月9日に、同じホールでキース・ジャレットのやはりソロを聴いたことが念頭から離れなかった。山中千尋さんなどは、メルドーは神と言っていたが、今回は神とは感じなかった。キースの方が本当に神。あの日のことは生涯忘れない。

February 04, 2023

2月4日(土)長崎佐世保へ出張し政経懇話会で講演をした

2月1日水曜日から長崎へ出張。

1日は前泊。2日と3日が長崎と佐世保で政経懇話会の講演だが、2日はまず駅に近い26聖人の記念館へ。

Sdim7400

政経懇話会は共同通信が行っているもので、全国の地方新聞が会場。30年ほど前によく呼ばれていて、今回は久しぶり。

今回の講演のタイトルは「新宗教と政治」。統一教会や創価学会と政治の関係について話をした。

2日、終わるのが早いので、ハウステンボスへ行ってみた。

Sdim7451

ここをどう楽しむか、難しいところもあるが、夜景はきれい。

3日は佐世保で同じ講演。そのまま長崎空港から東京へ。飛行機、車、バス、電車と乗り物ばかりで、それが案外疲れた。

« January 2023 | Main | March 2023 »

September 2023
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30