無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 10月6日(金)『週刊ダイヤモンド』と『月刊文藝春秋』に私のコメントが | Main | 10月8日(日)天王洲アイルのMYAFには長谷川君と前田君がともに »

October 07, 2023

10月7日(土)歌舞伎座昼の部と上質のパラゴン

歌舞伎座の昼の部へ行った。

20231007_103730

驚いたことに、2席あけて、同じ列に黒崎夫妻が。

最初は「天竺徳兵衛」。歌舞伎座であまりかからないし、劇場で見たかどうか覚えていない。異国噺が現代風で、おもしろい。

最後の蝦蟇、松緑自身が演じていて、それがなかなかかわいい。私の妹などカエル嫌いだが、そんな人には耐えられないだろう。

次は、寺島しのぶ出演の「文七元結物語」。山田洋次演出脚本で、まるで現代劇になっている。装置も現代風。

この演目を目当てに来ている人がおおいようだが、面白いのは観客の笑い。松竹新喜劇を見ているような笑いの気がした。歌舞伎ではない笑い。不思議なものだ。獅童がはまり役。

終わってサウンドクリエイトに。とてもいい、パラゴンが入っていた。今まで見たもののなかでは最も質がよいのでは。音もいいが、何よりそのたたずまい。最盛期の一番いい時代の木が使われているようだ。すでに行き先が決まっているとのこと。

 

« 10月6日(金)『週刊ダイヤモンド』と『月刊文藝春秋』に私のコメントが | Main | 10月8日(日)天王洲アイルのMYAFには長谷川君と前田君がともに »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 10月6日(金)『週刊ダイヤモンド』と『月刊文藝春秋』に私のコメントが | Main | 10月8日(日)天王洲アイルのMYAFには長谷川君と前田君がともに »

March 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31