無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 11月3日(金)インターナショナルオーディオショウへ行った | Main | 11月6日(月)農大の収穫祭と馬事公苑のリニューアルオープン »

November 05, 2023

11月5日(日)オーディオショウから新発見のスピーカーで歌舞伎座顔見世は充実の舞台

昨日はインターナショナルオーディオショウの2日目。

Sdim0910

いろいろまわったが、Axissのところでものすごい装置で聴いたが、少し疲れた。

昼食を茨城県のアンテナショップでとった後、サウンドクリエイトへ。そこでみたことのないスピーカーを見つける。

Sdim0917_20231105145401

蓄音機を思わせる感じで、下にスピーカーが一個だけ入っている。Voigtというヴィンテージの有名なスピーカーらしい。

これをサウンドクレイエイトの清水会長が作り直したものが、左に。

Sdim0918

思わずこれが欲しくなる。音が柔らかく、現代オーディオとは正反対。これを聴いてしまったので、オーディオショウには戻らず、歌舞伎座へ。

Sdim0921

歌舞伎座か顔見世の昼の部。

最初は、仁左衛門の「松浦の太鼓」。大高源吾を初役で松緑が。仁左衛門のご指名とのこと。仁左衛門の至芸で、松緑を指名した意味も分かる気がした。気力が充実していて、爽快。歌六も、其角ははまり役で。

次は「鎌倉三代記」。これまで見ても分かりにくい芝居だったが、今回は輪郭がはっきりしてよく分かった。芝翫の高綱が立派で、最後迫力があった。梅枝の時姫も初役にしては立派。時蔵も若武者を熱演。周りもそろって観劇。

最後は、踊り三つ。左近の静御前には驚いたが、繊細で、実は女形なのだろうか。堂々としているのがいつもと違う。巳之助と右近の「三社祭」は、軽妙で楽しませた。この組み合わせがよい。

終わってから、近くの干物専門店に。安くてうまい。充実の一日。

« 11月3日(金)インターナショナルオーディオショウへ行った | Main | 11月6日(月)農大の収穫祭と馬事公苑のリニューアルオープン »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 11月3日(金)インターナショナルオーディオショウへ行った | Main | 11月6日(月)農大の収穫祭と馬事公苑のリニューアルオープン »

March 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31