無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 3月8日(金)我が家の新着スピーカーのことが紹介された | Main | 3月14日(木)205冊目の著作『日本新宗教最後のカリスマ 池田大作の功と罪』が宝島社から明日発売になる »

March 09, 2024

3月9日(土)歌舞伎座昼の部は寺子屋で最後の〆は更科堀井

歌舞伎座昼の部へ行く。

20240309_153832

寺子屋、追善の傾城道成寺、綱豊卿というラインナップ。

寺子屋が一番良かった。丑之助の小太郎、死を覚悟しているたたずまし。こういうのは今まで見たことがなかった。その雰囲気が後によい影響を与え、全体がよどみなく展開していく。菊之助の松王は、千代などやる人が普通は演じるものではないが、岳父吉右衛門の影響をのぞかせながら、清新な雰囲気。愛之助の詰め方もよい。

綱豊卿は、仁左衛門がとにかく元気。79歳とは思えない、体の使い方に、声。傾城の菊五郎も声はまだまだ元気。

終わってからサウンドクリエイトへ寄り、ギンザシックスのエノテカでワイン。そこから日本橋まで歩いて、更科堀井で蕎麦。やはりうまい。

432207659_2572160639630571_2261098015210

近くの蕎麦屋と値段はさほど変わらないが、10倍はおいしい。というわけで、いろいろと満足の一日。

« 3月8日(金)我が家の新着スピーカーのことが紹介された | Main | 3月14日(木)205冊目の著作『日本新宗教最後のカリスマ 池田大作の功と罪』が宝島社から明日発売になる »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 3月8日(金)我が家の新着スピーカーのことが紹介された | Main | 3月14日(木)205冊目の著作『日本新宗教最後のカリスマ 池田大作の功と罪』が宝島社から明日発売になる »

May 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31