無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 4月2日(火)関東学院大学の入試問題に『「ひいき」の構造』から出題された | Main | 4月10日(水)吉野に桜を見に行く »

April 06, 2024

4月6日(土)四月大歌舞伎はいろいろと見どころがあった。

歌舞伎座へ行く。昼の部と夜の部をともに見る。

Ja

昼の部、「引窓」は、東蔵。さすが人間国宝。梅玉と松緑は、ちょっとバラスが悪い。

「七福神」は、さしたることもなし。

「夏祭」は、俄然愛之助がよい。上方歌舞伎の役者だからこその自然さ。最後の愁嘆場、これまで見たのとはずいぶん違っていた。

夜の部は、「於染久松色読販」は仁左衛門と玉三郎の名コンビだが、意外と活躍する丁稚や番頭が、もっとできる役者であれば、さらに面白くなるのではなかろうか。そういう配役にはならない演目のようだが。

「神田祭」も、仁左衛門・玉三郎で軽快で華やか。

最後の「四季」。あまり期待していなかったが、夜の部では一番面白かった。

秋の山田流筝曲、中能島実香の歌がいい。中能島弘子さんの娘さんだろうか。情報がない。

最後の冬、左近が芯をつとめて、なかなかの出来。筋書きを読んだのと、構成が違う気がする。途中で、左近を芯にもってきて、全体が変わったのではないか。手の動きに最近注目していたが、女形として楽しみだ。

 

« 4月2日(火)関東学院大学の入試問題に『「ひいき」の構造』から出題された | Main | 4月10日(水)吉野に桜を見に行く »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 4月2日(火)関東学院大学の入試問題に『「ひいき」の構造』から出題された | Main | 4月10日(水)吉野に桜を見に行く »

May 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31