無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« 5月30日(木)ブルーノートのジョシュア・レッドマンにはなんとベラ・フレックがゲスト出演 | Main | 6月3日(月)マルクスの『資本論』第1巻の新訳をようやく読み終えた »

June 02, 2024

6月2日(日)時蔵襲名の6月大歌舞伎は萬家一門の結束を誇示

昨日は、歌舞伎座の初日へ。

11037

梅枝の時蔵襲名が見どころ。祝い幕は、千住博さんのもの。

11038

これが圧巻。演目は、「上州土産百両首」から。獅童と菊之助の友情物語。錦之助と隼人の親子が、凶状持ちの親分子分。隼人が悪役としてすごみが出てきた。菊之助は喜劇的な役で、これまであまりやっていなかったような役。獅童ははまっている。

妻が自販機で飲み物を買おうとして、電子決済がうまくいかなかったとき、アドバイスをしてくれたのは、菊之助の奥さんではなかろうか。襲名のお祝を申し上げるべきだったと、後で後悔。

次は、千本桜の所作事で「時鳥花有里」。群舞の意味がわからないところがあるが、見どころは種之助の傀儡師。達者なものだ。

最後は、襲名披露の「妹背山」。新時蔵のお三輪。途中に、口上があり、仁左衛門の仕切りで、新時蔵と新梅枝が挨拶。

強烈なのは、官女たち。萬家がずらっと。それに、元萬家の歌六や歌昇が加わり、徹底的にお三輪をいじめる。

今回の公演、萬家一門というところが目立つようになっていて、往年の萬家錦之助のようなものを再現しようとしているらしい。たしかに、一門がそろってみると、なかなかのもの。

終わってから、サウンドクリエイトに。偶然、黒崎政男さんが来るというので、それを待ち、ヨーロッパの土産話を聞く。

« 5月30日(木)ブルーノートのジョシュア・レッドマンにはなんとベラ・フレックがゲスト出演 | Main | 6月3日(月)マルクスの『資本論』第1巻の新訳をようやく読み終えた »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 5月30日(木)ブルーノートのジョシュア・レッドマンにはなんとベラ・フレックがゲスト出演 | Main | 6月3日(月)マルクスの『資本論』第1巻の新訳をようやく読み終えた »

July 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31